今日は令和元年の初日。

 

私の住んでいる埼玉は、あいにく雨です。

 

そこで、今回は、八木重吉の「」という詩をご紹介しましょう。

 

では、さっそく、八木重吉の詩「雨」の全文を引用いたします。

 

 

雨の音がきこえる
雨が降っていたのだ
あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
雨があがるようにしずかに死んでいこう

 

 

いかがでしょうか?

 

これで全部です。

 

あまりにも短いと思うでしょうか。

 

しかし、八木重吉には、4行程度で終わる詩が少なくありません。

 

高村光太郎は八木重吉の詩について「一切の中間的念慮を払ひのける事ができた」「独特の至妙な徹底境」と述べています。

 

八木重吉は俳句とは全く異なる方法で、詩を限界まで短くした詩人だとも言えるでしょう。

 

短く、一見、何の変哲もない言い回しのようにもとれますが、心を澄まして読むと、心の耳を澄まし、心の眼で見つめますと、「雨」という詩の深さに驚かざるを得ません。

 

何気ない2行に続き、詩は急激に八木的世界に突入。

 

 

あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう

 

 

これが凄いですね。「世」以外をひらがなにししてくれているので、現実から精神的な世界に、すんなりと読者も移行できるのです。

 

雨の音のように世の中のために働く、という言葉のつなげ方は極めて唐突ですが、八木的世界では、この言葉の流れが必然であり、自然となるので不思議です。

 

意外な言葉のつながりに、思わずハッとして、深い精神的世界にすっと誘い込まれてしまいます。

 

 

雨があがるようにしずかに死んでいこう

 

 

八木独自の言葉回しは、ここに極まります。

 

普通は「雨があがる」と「死」は結び付きますまい。しかし、八木は神に導かれるかのように、すうっと音もなく「雨があがること」と「死ぬこと」をつないでしまう。

 

ここでも読者は、意外な言葉のつながりによって、純粋で深い気づきを得られるのです。

 

令和元年の初日の朝は雨だったので、八木重吉の「雨」という詩をご紹介したのですが、この記事を書き終えた瞬間に、陽が指してきました。

 

真っ白なまぶしいほどの光です。

 

この急激な変化は、「吉兆」以外の何ものでもないと強く感じています。

 

どうか「令和」が、希望に満ちた時代となりますように……。