「言響(こだま)プロジェクト」の「言響letter」でお送りした「文章の基本ルール」について、このカテゴリでは解説しています。

今回のテーマは、「さ入れ表現」と「二重敬語」です。

 

文章作法で難しいのが、敬語です。中でも、「文章の書き方」を学んだことがない人が陥りやすいのが、「さ入れ表現」と「二重敬語」。

 

以下、「さ入れ表現」と、修正後の例をあげてみます。

 

「行かせていただく」→「行かせていただく」

 

「歌わせていただく」→「歌わせていただく」

 

「送らせていたたく」→「送らせていただく」

 

また、以下では「二重敬語」と、修正後の例をあげてみましょう。

 

「ご覧になられました」→「ご覧になりました」

 

「お見えになられました」→「お見えになりました」

 

「おっしゃられました」→「おっしゃいました」

 

いかがでしょうか。丁寧に語ろうとして、二重敬語になってしまうと、「馬鹿丁寧」というか、「慇懃無礼」な感じになって、逆に失礼となりますので、ご注意ください。

(Visited 42 times, 1 visits today)