北原白秋の「接吻」というをご紹介します。

 

「日本の名作詩ベスト100」の企画で、北原白秋の作品を取り上げるのは初めてです。

 

この詩は、成人向けかもしれませんので、未成年の方は、閲覧注意かもしれません。

 

では、さっそく、引用してみましょう。

 

接吻

 

臭のふかき女きて

身體(からだ)も熱くすりよりぬ。

そのときそばの車百合

赤く逆上(のぼ)せて、きらきらと

蜻蛉動かず、風吹かず。

後退(あとし)ざりつつ恐るれば

汗ばみし手はまた強く

つと抱き上げて接吻(くちず)けぬ。

くるしさ、つらさ、なつかしさ、

草は萎れて、きりぎりす

暑き夕日にはねかへる。

 

いかがでしょうか。かなり、刺激的ですよね。

 

以下の「あめふり」という童謡の歌詞を書いたのも北原白秋なのです。

 

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン

 

「接吻」と「あめふり」、とても同じ作者の作品とは思えませんよね。

 

もちろん、こういうことは他には類例がないというわけではないですが、北原白秋は、そういう多面的な詩人であることは知っておいて良いと思います。

 

それはさておき、今回の「接吻」ですが、野外での性交を詩にしている、この大胆さにまず注目。

 

感覚に訴える表現が、官能を高めている。

 

臭(嗅覚)

熱くすりより(触覚)

車百合赤く(視覚)

 

五感の中で、もっとも原始的といわれる「触覚」を駆使した言葉が多いのも特徴です。

 

また、以下の三行が、欲情をそそる。

 

後退(あとし)ざりつつ恐るれば

汗ばみし手はまた強く

つと抱き上げて接吻(くちず)けぬ。

 

詩というとロマンチックな純愛を想起しがちですが、こうした官能の世界も詩作品になるうることを、北原白秋は客観的な視点と卓越した技巧によって、証明してくれているのです。

 

それにしても、紙一重で、卑俗なエロに堕落せず、芸術的なエロスの表現になっている……つまり、その紙一重の危うい感じが、この「接吻」という詩の魅力となっている確かでしょう。

「くるしさ、つらさ、なつかしさ」とあるから、若年期の記憶を詩にしたもの。