金子みすゞの「夢売り」というをご紹介します。

 

夢売り

 

年のはじめに

夢売りは、

よい初夢を

売りにくる。

 

たからの船に

山のよう、

よい初夢を

積んでくる。

 

そしてやさしい

夢売りは、

夢の買えない

うら町の、

さびしい子等らの

ところへも、

だまって夢を

おいてゆく。

 

世の中、貧困が問題になっていますが、経済状況や生活水準によって、貧困の度合いは測られるようです。

 

私が常に思っているのが、心の貧困です。

 

人を愛せない、生きとし生けるものを慈しむ気持ちを持てない状態を、「貧困」と呼ぶべきではないでしょうか。

 

「愛おしむ」「慈しむ」ことができない時に加え、「夢を持てない」時も、心が貧しくなりますよね。

 

貧乏暮らしでも、夢を持っていれば、辛さも我慢できるでしょう。

 

そこで、今回ご紹介した、金子みすゞの詩「夢売り」なのですが、「夢を売る」って素晴らしい仕事ですね。

 

もしも、そういう職業があれば、ぜひ、ついてみたい。

 

古い漫画に白土三平の「カムイ伝」があります。その中に「夢屋」と呼ばれる人物が登場するのです。

 

江戸時代の後半になりますと、士農工商のうち、商人が力を持つようになります。

 

この場合は、「お金持ちになる」という夢なのですが、何であっても、夢を抱くと、人はパワフルになる。瞳が輝きだす。

 

金子みすゞの詩に登場する「夢売り」は、子供たちにどんな夢をプレゼントしたのでしょうか。

 

私が幼稚園児だったころ、アルバムか文集を出す時に「将来の夢」を訊かれて、私は「保安官」と書きました。

 

テレビの西部劇に出てくる保安官という、強くて正義感の強いヒーローに憧れていたのでしょう。

 

実に、単純な夢でした。今こそ、そうした単純な夢が尊いと感じるのですね。

 

なりたい職業を尋ねられて「正社員」だとか「公務員」と答える人が多いらしい。

 

現代は、夢のある時代ではない、とはよく言われること。

 

しかし、そういう時代だからこそ、人々に夢を与えれる、「夢売り」の存在が必要ですよね。

 

現在の私にとってはの「夢売り」は、見つかりません。

 

たぶん、自分自身が「夢売り」になって、自分に夢を売るしかないのだと思うのです。

 

金子みすゞのその他の詩はこちら

(Visited 468 times, 1 visits today)