文章の基本ルール

  1. 文章の書き方の基本ルールをまとめました。

    これまで文章の基本ルールについて、シリーズでお伝えしてきました。今回は、それらの記事をまとめてみましたので、ご活用ください。 「体言止め」の長所と短所を…

  2. 「の」を3回以上一文の中に書かない。

    一つの文の中に「の」を3つ以上、続けざまに使うと「この人は文章の初心者だ」というレッテルを貼られる場合があります。「の」をいくつ使っても、文法的な間違い…

  3. 主語と述語は離し過ぎない。

    わかりにくい、意味がとりにくい文の典型的なパターンの一つが主語と述語の関係がはっきりしないこと。主語と述語の関係がはっきりしない原因の多くは「主語と述語が離れす…

  4. 「です・ます」調と「だ・である」調の使い方

    文章の書き方に関する本を読みますと、例外なく「です・ます」調か、「だ・である」調のどちらかに、文体を統一しなさいと書かれています。「です・ます」調と「だ…

  5. 「れ入れ」言葉(表現)に注意

    以前、「さ入れ表現」と「二重敬語」に注意という記事を書いたことがあります。間違いやすい日本語の中には、その他には「ら抜き」言葉(表現)があります。それと、「れ入…

  6. 「体言止め」の長所と短所をまとめました。

    体言とは名詞や代名詞などのこと。この体言で文を終えることを「体言止め」と呼びます。文章の出来不出来を、プロとアマとで比較しますと、もっとも顕著にあらわれ…

  7. 表記の統一と「日本語表記ルールブック」の必要性

    「文章の書き方」「文章作法」「ライティング術」などの本を読みますと、必ず載っているのが「表記の統一」という項目です。例えば、以下の文章を読んでみてください。…

  8. 二重表現(重複表現)に気をつける

    このコーナーでは「文章の基本ルール」についてお伝えしています。「今さら誰も教えてくれないこと」「今さら誰にも聞けないこと」などが多く出てくることでしょう。つまり…

  9. カタカナ語の使い方に注意

    カタカナ語の使い方にも注意が必要です。例えば、「コピーライター」という言葉。日本語に直すと「広告文案家」となります。この場合は、日本語の方が意味はわかり…

  10. 接続詞はなるべく使わない

    初心者の文章を読むと、かなり気になるのが、接続詞が多すぎることです。「接続詞の多用をつつしむこと」は、文章作法の基本中の基本。「良い文章には接続詞は必要…

PAGE TOP