文章指南書

  1. 阿部 紘久「文章力の基本」を、文章の書き方を学ぶ入門書としてオススメ。

    風花塾の塾生さんに、「文章力の基本」を養っていただくためには、どんなテキストを作成したらよいか、かなり悩みました。そのために、現在、私の前には、30冊ほ…

  2. 樋口裕一「書く力をつける小学高学年用―国語力の基礎」が難しいと感じる理由は?

    インターネットを活用して収益を上げるのがネットビジネス。ネットビジネスの様々なシーンで求められるのが、文章力です。文章力の向上こそ、ネットビジネス成功の…

  3. 「心の琴線にふれる言葉―声に出して読みたい日本語5」で、感じながら読む習慣をつけましょう。

    文章力をアップさせるというと、すぐにテクニックや法則を想起するかと思います。もちろん、技法や方程式は学んで損はありません。ただ、他の人と違う、読…

  4. 読書の習慣がない人は「高校生のための文章読本」から始めてみませんか。

    文章の達人は、例外なく読書の達人です。うまく文章を書くようになりたければ、読書する習慣をまずつける必要があります。社会人になりますと、時間がない…

  5. 風花未来の「文章の書き方」が電子書籍になりました。

    当ブログ「美しい言葉」の管理人・風花未来は、以下の文章の書き方に関する教材(電子書籍)をご提供中。●風花言響(かざはなこだま)「文章の書き方」を、広…

  6. ハリウッド脚本術を学ぶ本当の理由とは?

    マニュアル化された人間、マニュアル化された店舗、マニュアル化された会社……それらを、あなたは魅力的だと思いますか?私が知るかぎりにおいて、最も確立された…

  7. ドラマレビューの書き方と指南書

    ドラマレビューの書き方に参考になる本を教えてほしい、とのメールをいただきました。レビューとは、自分が感じたこと、思ったことを書くのであって、基本的に自分…

  8. 表記の統一と「日本語表記ルールブック」の必要性

    「文章の書き方」「文章作法」「ライティング術」などの本を読みますと、必ず載っているのが「表記の統一」という項目です。例えば、以下の文章を読んでみてください。…

  9. 助詞の使い方が文法的に理解できる文章指南書

    文章の書き方を学んでゆく上で、ひとつの壁となるのが「助詞の使い方」です。あまり理屈っぽく助詞を理解しようとすると、文章を書くのが苦痛になってしまいかねません。…

  10. 「O・ヘンリ短編集」から学べる文章術とは

    職業柄、執筆時間は減りはしないのですが、読む時間、即ち「読書時間」が削られてしまっているのを、何とかしたと思っています。読書時間を増やすには、やはり、ち…

PAGE TOP