ドラマレビューの書き方に参考になる本を教えてほしい、とのメールをいただきました。

 

レビューとは、自分が感じたこと、思ったことを書くのであって、基本的に自分の言葉で書かなければなりません。しかし、自分の言葉でレビューできるにようなるには、それなりの練習は必要です。

 

その前に、以下のことを確認してください。

 

1)テレビドラマを見る人がいます。

2)テレビドラマを作る人がいます。

3)テレビドラマについて語る人がいます。

 

当然、ブログでドラマレビューをする人は、3番目の「テレビドラマについて語る人」です。

 

魅力的なドラマレビューを書くためには、ただドラマを観ているだけでは不充分です。ドラマを作る側の視点も必要となります。

 

ですから「シナリオの書き方」に類する本は、読んでおく必要があるのです。

 

その名著と呼ばれるのが、この本です。

 

シナリオの基礎技術

私はシナリオライターを目指していたわけではありませんが、たいへん学ぶことが多いので、今でも時々取り出して、読むことがあります。

 

この本を読めば、「そうか、シナリオはこのように書かれ、ドラマはこのように作られるのか」という基本が、理解できるようになります。

 

そういう基礎知識を知らないと、説得力のあるレビューには、なかなかならないものです。

 

ドラマや映画を語る場合、ポイントはたくさんありますよね。

 

例えば、以下のような感じ…

 

●映画監督について

●原作について

●作品のテーマ

●出演する俳優や女優の魅力(存在感・演技力など)

●物語の面白さ(設定・展開)

●主人公のキャラ、登場人物の魅力

●映像の美しさ

●時代設定

●舞台設定

●セリフの魅力

●印象的なシーン

●音楽の素晴らしさ

 

以上のことは、シナリオの基礎技術を繰り返し読むことによって、理解を深められ、次第にレビュー記事の中で自然に語ることができるようになります。

 

また、ドラマ作品の鑑賞のポイントも学べる本はこれです。

 

増補版・「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方 (オフサイド・ブックス)

 

個別作品が多数出てきますから、具体的な発見があります。

 

ただし、何でもそうですが、知識とか方法論だけを知っているだけでは、人の心は動かせません。

 

まず、作品を豊かに感じることが、大切です。最初に「感動」がなければ、レビューは、続けられるものではありません。

 

自分自身のあふれんばかりの感動を、他人にどうしても伝えたい、その抑えがたい衝動が、レビューを生む原動力であることを忘れないでください。

 

さらには、ドラマや映画の歴史や作品データを知っておくとレビューの説得力を強化できます。手元に「ドラマの歴史」について、すぐに調べられる本を置いておきたいもの。

 

ドラマでしたら、この本くらいは持っておいてほしいですね。

 

テレビドラマベスト・テン10年史 1997‐2006