風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉辞典

「いやがうえにも」と「いやがおうでも」の使い方を間違えていませんか?

言葉そのものが似ているために、間違えやすい日本語もあります。その代表が「いやがうえにも」と「いやがおうでも」です。

一見すると、同じような言葉に見えますよね。さっそく例をあげながら解説いたします。

×サッカーのワールドカップの出場権がかかった最終戦のために、スタジアムはいやがおうでも盛り上がった。

サッカーのワールドカップの出場権がかかった最終戦のために、スタジアムはいやがうえにも盛り上がった。

上の例文の場合、「いやがおうでも」が間違いで「いやがうえにも」が正しいのです。その理由は以下のとおり。

いやがおうでも

「いやがおうでも」は「否が応でも」と書きます。

「否が応でも」は「いやでも応でも」「いやも応もなく」の類義語。「好むと好まないとにかかわらず」「とにかく」「ぜひとも」「何としてでも」などの意味で使います。

いやがうえにも

一方、「いやがうえにも」は「弥(彌)が上にも」と書きます。「弥(彌)」は「状態がだんだんはなはだしくなる様子」を表す言葉。「弥栄(いやさか)」は「ますます栄えること」の意。

したがって「いやが上にも」は、「ただでさえはなはだしい状態なのに、それに加えてさらに」「なお、その上にますます。なお、いっそう」といったう意味になります。

「嫌が上にも」は間違いなので注意が必要です。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

カテゴリー

アーカイブ