偶然開いたYouTubeチャンネル。そこで松坂慶子の若い頃の顔が大写しになっていた。

 

番組目は「ザ・サスペンス」。この回のドラマのタイトルは「一千万人の中の孤独」である。

 

放送されたのは、1983年4月30日である。

 

まあ、大して面白くないだろう、くらいの気持ちで見ていたら、ハマってしまった。

 

気づいたら、最後まで見ていたのである。

 

けっこう丁寧に作られたドラマだ。何より、主演の松坂慶子が熱演ぶりが凄かった。

 

昭和のドラマ、というべきだろうか。とにかく、人間臭いのだ。

 

携帯電話もなく、公衆電話でのやりとりに、昭和は遠くなりにけり、の思いにかられる。

 

それはともかく、主題歌も良い。中島みゆき時刻表」。中島みゆきは好きではないが、この歌を聴くかぎり、才能はあるなぁと感じた。

 

挿入歌は、郷ひろみの「美貌の都」。これは印象に大して残らなかった。

 

とにかく、昭和。昭和を感じさせるドラマである。

(Visited 72 times, 1 visits today)