金子みすゞの詩「露」

美しい詩 - 金子みすゞ
この記事は約 1 分で読めます ( 約 530 文字 )

金子みすゞの「」というをご紹介します。

 

露(つゆ)

 

誰だれにもいわずにおきましょう。

 

朝のお庭のすみっこで、

花がほろりと泣いたこと。

 

もしも噂うわさがひろがって

蜂はちのお耳へはいったら、

 

わるいことでもしたように、

蜜みつをかえしに行ゆくでしょう。

 

この詩は、天使が書いたのでしょうか。それとも、詩の妖精がつづったのでしょうか。

 

この詩のテーマは「優しさ」、あるいは「思いやり」ですね。

 

この詩「露」の中で表現されている「優しさ」や「思いやり」と比べると、私たち人間が日常生活で言っている「優しさ」と「思いやり」が、ひどくおおざっぱで、ゴツゴツとしていて、時に事務的であり、冷淡でさえあることに気づきます。

 

この「露」という作品の中に息づいている「優しさ」を、感じることができるのですから、きっと私たちの中にも、本物の「優しさ」はあるのでしょう。

 

だとするならば、日常をもう少し、慌てないで、時間をかけて、ていねいに暮らせば、もっと優しくなれたり、思いやりを持てるかもしれません。

 

そして、私たちも天使や妖精に近づける……いえいえ、本当の人に戻れると思うのです。

 

この詩は天使か妖精が書いたのでしょうか? いいえ、金子みすゞという人間が書いたのです。

 

金子みすゞのその他の詩はこちら

関連記事
  • 栗原貞子の詩「生ましめんかな」

    栗原貞子の詩「生ましめんかな」

    今回は、栗原貞子の「生ましめんかな」という詩をご紹介します。生ましめんかなこわれたビルディングの地下室の夜だった。原子爆弾の負傷者たちはローソク一本ない暗い地下 ...

    2023/03/07

    美しい詩

  • 小林一茶の有名な俳句

    小林一茶の有名な俳句

    小林一茶の代表的な俳句をご紹介しましょう。雪とけて村いっぱいの子どもかな雀の子そこのけそこのけお馬が通る 我と来て遊べや親のない雀 涼風の曲がりくねってきたりけ ...

    2023/02/15

    美しい詩

  • 長澤延子の詩「告白」

    長澤延子の詩「告白」

    長澤延子の「告白」という詩をご紹介します。告白真紅なバラがもえながら散ってゆく日忘却の中から私をみつめる冷ややかな眼差(まなざし)しを知った夏の最中(さなか)が ...

    2022/03/18

    美しい詩