金子みすゞの「」というをご紹介します。

 

露(つゆ)

 

誰だれにもいわずにおきましょう。

 

朝のお庭のすみっこで、

花がほろりと泣いたこと。

 

もしも噂うわさがひろがって

蜂はちのお耳へはいったら、

 

わるいことでもしたように、

蜜みつをかえしに行ゆくでしょう。

 

この詩は、天使が書いたのでしょうか。それとも、詩の妖精がつづったのでしょうか。

 

この詩のテーマは「優しさ」、あるいは「思いやり」ですね。

 

この詩「露」の中で表現されている「優しさ」や「思いやり」と比べると、私たち人間が日常生活で言っている「優しさ」と「思いやり」が、ひどくおおざっぱで、ゴツゴツとしていて、時に事務的であり、冷淡でさえあることに気づきます。

 

この「露」という作品の中に息づいている「優しさ」を、感じることができるのですから、きっと私たちの中にも、本物の「優しさ」はあるのでしょう。

 

だとするならば、日常をもう少し、慌てないで、時間をかけて、ていねいに暮らせば、もっと優しくなれたり、思いやりを持てるかもしれません。

 

そして、私たちも天使や妖精に近づける……いえいえ、本当の人に戻れると思うのです。

 

この詩は天使か妖精が書いたのでしょうか? いいえ、金子みすゞという人間が書いたのです。

 

金子みすゞのその他の詩はこちら

(Visited 449 times, 1 visits today)