まとめ

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

これまでご紹介してきました「美しい日本語で書かれた作品(言葉)」をまとめてみました。

中には、文学作品ではなく、手紙文も含まれています。

中野好夫の「文学の常識」は名著です。

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」を読んで感じた絶望と希望について

宮城道雄の「心の調べ」を読んで、忘れかけていた大切なことに気づきました。

川端康成の「美しい日本の私」は、日本語と日本人の魂の激烈な逆襲である。

GHQ焚書図書開封 3 戦場の生死と「銃後」の心

日本一はかなくも美しい短歌とは

日本語で書かれた最も感動的な一行詩とは?

芥川龍之介のラブレターは手紙の名作

世界一美しい手紙文は?

日本語で書かれた美しい詩ベスト1

サトウハチロー「小さい秋みつけた」の言葉力

戸川幸夫「爪王」を読んでみてください。

日本一美しい短編小説は?

読み継ぎたい美しい日本語で書かれた中編小説

美しい日本の詩をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか? 日本語には、侮り難い力がありますよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP