文章力アップに役立つ本まとめ

日本一美しい短編小説は?

日本の短編小説には美しい佳作が多いと思います。その中で、一番を決めるのは難しいので、今回は10作をあげてみました。

1)島木健作「赤蛙」

2)戸川幸夫「爪王」

3)梶井基次郎「檸檬」

4)中島敦「山月記」

5)菊池寛「藤十郎の恋」

6)夏目漱石「夢十夜」

7)谷崎潤一郎「刺青」

8)山本周五郎日本婦道記

9)太宰治「富嶽百景」

10)三島由紀夫「憂国」

新たに追加した「小説日本婦道記」について。

山本周五郎の傑作短編集。小説というより、散文詩と呼びたくなるくらい美しい日本語が堪能できます。心技体がそろった言葉職人の世界にどっぷりと浸ってください。凛とした日本語のたたずまいに、心が清められることでしょう。

岩波文庫に次ぐ、文学の老舗であるはずので新潮社が島木健作の「赤蛙」を含む短編集を絶版にしたのは理解できません。

売れるとか売れないとかは別にして、文学作品を正当に評価できる鑑識眼があるのならば、島木健作の短編集は絶版にするどころか、夏のキャンペーンで新潮100冊に加え、若い学生さんたちに推奨すべきだと思うのです。

島木健作の「赤蛙」は、一言で形容するならば「清冽」です。生命感を、ここまで純粋に結晶化させた短編小説は、世界にも例を見ないのではないでしょうか。

日本人として生まれたならば、絶対に読んでおくべき作品だと、強調させていただきます。

現在は、講談社文芸文庫の中に収録されています。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP