自分のPCでは読めるのに、他のパソコンでは「文字化け」して読めないことがありますよね。その主な原因は、環境依存文字機種依存文字)を使っているからです。

 

機種依存文字環境依存文字

 

機種依存文字(きしゅいそんもじ、きしゅいぞんもじ)または環境依存文字(かんきょういぞんもじ)とは、電子的に扱う文字データのうち、処理系(ソフトウェアおよびハードウェア)によって違う文字に表示されたり、全く表示・印刷できなかったりするものの慣用的な総称である(引用元:ウィキペディア)

 

Web上で公開する文章を書く場合「文字化け」の原因となる、環境依存文字(機種依存文字)は使わないようにしましょう。

 

以下、代表的な環境依存文字(機種依存文字)の種類をあげておきます。

 

●半角カナ文字

 

●丸付き文字

 

●ローマ数字

 

●単位

 

●括弧付き文字

 

●キャラクター文字

 

●2文字以上をまとめた文字

 

●異体字

 

●難読漢字

 

機種依存文字(環境依存文字)の具体例は、以下のページで確認できます。

 

機種依存文字一覧

 

文章を書いた後、このツールを使えば、環境依存文字(機種依存文字)をチェックできます。

文章校正支援ツール

(Visited 36 times, 1 visits today)