草野心平の「青イ花」というをご紹介します。

 

青イ花

 

トテモキレイナ花。

イッパイデス。

イイニホヒ。イッパイ。

オモイクラヰ。

オ母サン。

ボク。

カヘリマセン。

沼ノ水口ノ。

アスコノオモダカノネモトカラ。

ボク。トンダラ。

ヘビノ眼ヒカッタ。

ボクソレカラ。

忘レチャッタ。

オ母サン。

サヨナラ。

大キナ青イ花モエテマス。

 

「蛇に睨まれた蛙」という言葉を想い出せば、この「青イ花」という詩の状況はすぐに理解できるでしょう。

 

死を覚悟した、幼い蛙は、母親に向かって声にならない声で呼びかけます。

 

青い花がいっぱいに咲いている、むせかえるほどの濃厚な匂いを放っていて、もえているようです、「ボク。カエリマセン」「サヨナラ」。

 

カタカナを多用し、視覚と嗅覚に強く訴える手法が、効果を上げている。

 

本当に子どもの蛙になって、感じ、思っているように、リアルに伝わってくる。

 

「生と死」を、子供の蛙の舌っ足らずな話言葉が、哀しくも美しい。

(Visited 436 times, 2 visits today)