今回は柴田トヨの「貯金」というをご紹介。

 

貯金

 

私ね 人から

やさしさを貰ったら

心に貯金をしておくの

 

さびしくなった時には

それを引き出して

元気になる

 

あなたも 今から

積んでおきなさい

年金より

いいわよ

 

100歳の詩人として有名な柴田トヨさん。詩作を始めたのは92歳というから凄いですね。

 

「もう若くないから、今さら詩作なんて?」と尻込みしている人には、柴田トヨさんの存在は励みとなるでしょう。

 

柴田トヨは、1911年(明治44年)6月26日に生まれ、2013年(平成25年)1月20日に死去。栃木県栃木市出身。

 

一人息子の勧めで書きためた詩を2009年(平成21年)10月に自費出版。

 

2011年(平成23年)9月、満100歳を迎えたことを記念して、第2詩集『百歳』が出版されました。

 

同年10月10日(午後6:10〜45)、NHK総合が『“不幸の津波に負けないで”〜100歳の詩人 柴田トヨ〜』(ナレーション:若尾文子)が放映。著者の綴った詩を心の支えに、東日本大震災を乗り越え強く生きようとしている被災者たちの姿を中心に描いて話題に。

 

2012年(平成24年)8月の時点で、詩集『くじけないで』が160万部を記録。

 

詩集で160万部も売れたことって、他に例があるんでしょうか?

 

柴田トヨさんの詩は、いずれも極めて簡明。「ゆったり、ゆっくり」暮らすことの大切さを、さりげない温かな言葉で伝えてくれています。

(Visited 491 times, 2 visits today)