今回は木下夕爾(きのしたゆうじ)の「ひばりのす」という詩をご紹介。

 

ひばりのす

 

ひばりのす

みつけた

まだたれも知らない

 

あそこだ

水車小屋のわき

しんりょうしょの赤い屋根のみえる

あのむぎばたけだ

 

小さいたまごが

五つならんでる

まだたれにもいわない

 

この子供の「ときめき」ほど素晴らしいものが、この世にあるだろうか。

 

命への純粋無垢な感受性が、心臓の鼓動のように、伝わってくる。

 

難しい表現、思わせぶりな言い回しがないところが良いと、強く思う。

 

詩は簡単な方がいい。簡単に書けないのは、人間の弱さ、卑屈さではないのか。

 

この「ひばりのす」を読み、私は全うな普通の人を回復する。なんと私の日常は病んでいることか。

 

木下夕爾のプロフィールと「晩夏」という詩については、こちらへどうぞ

 

(Visited 88 times, 1 visits today)