風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

「すごい」と「すごく」の使い方を間違えない方法。

すごい」と「すごく」の使い方を間違えていませんか。

では、以下の用例で、正しいのはどちらでしょうか?

すごくいい すごくきれい すごくかわいい

すごいいい すごいきれい すごいかわいい

上の段と下の段とでは、どちらが正しいのか、そして、その理由を説明できますか?

答えは以下のとおり。〇が正しく、×が間違い。

〇すごくいい すごくきれい すごくかわいい

×すごいいい すごいきれい すごいかわいい ※くだけた会話では使われる時もありますが、正式には使うべきではありません。

まずは「すごい」「すごく」を辞書で調べてみましょう。

「すごい」は形容詞です。

「すごく」は形容詞「すごい」の連用形から転じた副詞だと説明されています。

実は辞書によっては「すごく」を副詞として記述していないものもあるのですが、「すごく」が副詞かそうでないかは、ここでは重要ではありません。

「すごく」は形容詞「すごい」の連用形(からきている言葉)だということです。

大切なのは「連用形」であること。「連用形」は「用言」に続く時に使われる形です。

「用言」という言葉を忘れてしまった人のために、以下で「用言」の説明を「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説」から引用いたします。

国文法で,動詞,形容詞,形容動詞の総称。形容動詞という品詞を認めない学者もある。これらはすべて活用をもち,かつ単独で文の述語になりうる点で,一つにまとめられる。

ちなみに、体言は名詞、代名詞、数詞の総称です。

「すごく人」は間違いで「すごい人」が正しい理由

要するに、次に(名詞は活用しないので用言ではなく体言であるため)名詞が続く時には連用形(ここでは「すごく」を指す)は使わない(連用形の次には名詞は来ない)のです。

ですから「すごく」は連用形ですから、「すごく美人」と名詞の前使うのは誤用で「すごい美人」と使うのが正解だと言えます。「すごい」は形容詞ですから基本的に名詞を修飾しますので「すごい」の後に名詞が来ても何ら問題はないわけです。

しかし、広辞林は以下のように「すごい」を現代では許容されているかのように解説しています。

近年,くだけた言い方で「すごく」の代わりに「すごいでっかい」「すごいきれいだ」などと言う場合があるが,標準的でないとされる。

「標準的でないとされる」としているのであって「間違いだ」とは断定していませんね。

ただし、公用文などではあくまで「すごくきれい」を使うべき。「すごいきれい」はあくまでくだけた会話では許される程度です。

「すごい」と「すごい」の使い方を間違えない方法とは?

 

「すごく」は連用形(からきた副詞)なので、次に名詞は来ないと覚えておけばよいでしょう。

したがって、「すごく選手」「すごく名人」は間違いで「すごい選手」「すごい名人」が正しことは明白。

問題は「すごい」の方です。

「すごいきれい」「すごい美しい」も使われることが多いで間違えやすいのですが、基本として「すごい」の後には名詞を続ける、次に名詞が続かない時は「すごい」は使わないと覚えておけばわかりやすいでしょう。

まとめると、以下のようになります。

すごく+用言(動詞・形容詞・形容動詞)

すごい+体言(名詞)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ