草野心平の「秋の夜の会話」という詩をご紹介します。

 

秋の夜の会話

 

さむいね

ああさむいね

虫がないてるね

ああ虫がないてるね

もうすぐ土の中だね

土の中はいやだね

痩せたね

君もずゐぶん痩せたね

どこがこんなに切ないんだらうね

腹だらうかね

腹とつたら死ぬだらうね

死にたくはないね

さむいね

ああ虫がないてるね

 

短いけれども、いろんな工夫が詰め込まれた力作です。

 

以下、作者の工夫を箇条書きにしてみます。

 

●二匹の蛙の会話で詩を進行させる

 

この一篇の詩しか知らなければ、そもそも誰と誰がしゃべっているのかわからない。

 

だけれども、草野心平は「カエルの詩人」と呼ばれるくらい、蛙(かえる)を主人公にした詩をたくさん書いた人だという知識をえれば、そうか、二匹の蛙の会話なんだな、これは面白いということになるわけです。

 

●虫のなき声が、絶妙の音響効果を上げている

 

もしこの詩に「虫がないてるね」(3回繰り返す)がなかったら、詩作品としてのクオリティは下がったでしょう。詩として成立しないと思うくらいです。

 

虫のなき声は、本当に寂しく切ないし、それこそ空きっ腹に沁みる。

 

●冬眠は安らかな眠りではなく、命がけの仮死状態

 

この詩には全く無駄がないが、特に以下の会話は、見事としか言いようがない。

 

もうすぐ土の中だね

土の中はいやだね

痩せたね

君もずゐぶん痩せたね

どこがこんなに切ないんだらうね

腹だらうかね

腹とつたら死ぬだらうね

死にたくはないね

 

蛙の冬眠には謎が多いそうです。観察例が少ないために、すべてを解明できていないとか。

 

まあ、生物学的な考察は私にはできないので、素朴に私自身が蛙だったらと想定すると、見えてくるものがあります。

 

なぜ、蛙である私は冬眠するのか?

 

それは「生きるため」です。厳しい寒い季節を乗り切るためには、「眠って命をつなぐ」より道はない。

 

つまり、冬眠は蛙にとって生やさしいものではなく、命がけの行為なのです。

 

そういう「ギリギリの生命の実体」を、草野心平は、素っ気ないほどさらっと、しかもユーモアさえにじませて、わずか8行に凝縮させたのでした。

 

●ユーモアは最も難易度が高い修辞学

 

草野心平の詩の最大の魅力に「ユーモア」があります。

 

「ライムライト」「独裁者」「街の灯」「モダンタイムス」などの傑作映画で知られる、チャールズ・チャップリンは次の言葉を遺しています。

 

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇である

 

このチャップリンの名言については、こちらのページで詳述しましたで、お時間のある時にでもお確認ください。

 

草野心平の詩には、草野の人生との距離の取り方が独特であることが表れている。蛙を主人公にした詩を書いた、そのことは、人生を独自の距離感で描き出したとも言えます。

 

草野心平は、命を、人生を、かなり突き放した視点で見てますね。しかし、離れ過ぎてはいません。この絶妙な距離の取り方が、本物の独創である「カエルの詩」を生み出しました。

 

詩の対象(人生)とのディスタンス(距離)の取り方、その名人、それが草野心平だと言えるでしょう。

(Visited 522 times, 1 visits today)