中野重治の詩に対する姿勢をよくあらわしたがあります。それが「」です。

 

 

 

お前は歌ふな

お前は赤まゝの花やとんぼの羽根を歌ふな

風のさゝやきや女の髪の毛の匂ひを歌ふな

すべてのひよわなもの

すべてのうそうそとしたもの

すべての物憂げなものを撥(はじ)き去れ

すべての風情を擯斥(ひんせき)せよ

もつぱら正直のところを

腹の足しになるところを

胸先を突き上げて来るぎりぎりのところを歌へ

たゝかれることによつて弾ねかへる歌を

恥辱の底から勇気をくみ来る歌を

それらの歌々を

咽喉(のど)をふくらまして厳しい韻律に歌ひ上げよ

それらの歌々を

行く行く人々の胸廓にたゝきこめ

 

「擯斥(ひんせき)」は「しりぞけること。のけものにすること。排斥」の意。

 

「歌」は、中野重治独自の詩論と呼んでも差し支えないでしょう。

 

以前、中野重治の詩「機関車」を紹介したことがあります。

 

⇒中野重治の詩「機関車」

 

明治維新から始まった日本近代詩の流れから、中野重治は大きく逸脱していることは明らかです。

 

しかし、中野重治の詩が追求したテーマは、人が人であるために、人が人らしくあるために、どうしても必要な命題であると思えてなりません。