入沢康夫の「未確認飛行物体」というをご紹介します。

 

未確認飛行物体

 

薬罐だって

空を飛ばないとはかぎらない。

 

水のいっぱい入った薬罐が

夜ごと、こっそり台所をぬけ出し、

町の上を、

心もち身をかしげて、一生けんめいに飛んで行く。

 

天の河の下、渡りの雁の列の下、

人工衛星の弧の下を、

息せき切って、飛んで、飛んで、

(でももちろん、そんなに早かないんだ)

そのあげく、

砂漠のまん中に一輪咲いた淋しい花、

大好きなその白い花に、

水をみんなやって戻って来る

 

「未確認飛行物体」が優れている5つの理由

 

この「未確認飛行物体」という詩は、奇妙である。一読して「これが、詩なの?」と感じた人もおられるだろう。

 

この「未確認飛行物体」なる詩は、詩として成功しているだろうか。

 

答えは明瞭だ。これは詩以外の何物でもなく、立派な詩として読者の心を揺り動かすことに成功している。

 

つまり、良い詩なのだ。

 

以下、「未確認飛行物体」が良い詩ならしめている要素について解説してみたい。

 

1)『擬物語詩』というユニークな試み

 

この「未確認飛行物体」のような詩を『擬物語詩』と呼ぶらしい。

 

「擬(ぎ)」は「まねる、にせる」という意味。

 

物語っぽく書いた詩ということか。

 

通常では、詩とは作者が実際に感じたこと、思ったことを表現する。

 

要するに、詩においては、嘘はついてはいけない。

 

しかし、そのルールを、フィクションだっていい、としたらどうか?

 

架空の物語的な世界を、奇想天外な発想・設定・展開によって描き出し、通常の詩の修辞学では表せない世界、心情、メッセージなどを読者に伝えることができる、と考えて何が悪いのか……という考えから『擬物語詩』は出発しているのだろうと推察する。

 

2)薬缶が空を飛ぶという「設定」が良い

 

小説「百年の孤独」で有名なガルシア=マルケスは「想像力のダイナミズム」で以下のように発言している。

 

たとえば、象が空を飛んでいると言っても、ひとは信じてはくれないだろう。しかし、4257頭の象が空を飛んでいると言えば、信じてもらえるかもしれない」(『すばる』1981年4月号掲載)

 

ガルシア=マルケスが描き出した世界は奇想天外、常軌を逸しているが、決して嘘っぽく感じない。

 

いや、ガルシア=マルケスのつく嘘には、読んだ途端にまるごと信じてしまう、摩訶不思議なリアリティがある。

 

ガルシア=マルケスの小説を読むと、幻想と現実との境目のない「魔術的リアリズム」世界に酔いしれることができる。

 

この「魔術的リアリズム」に似た世界が、この「未確認飛行物体」でも現出されている。

 

まずは何といっても、薬缶に空を飛ばせた設定が良い。

 

あとは、ガルシア=マルケスばりに、読者を瞬時に自分のペースに巻き込めるかである。

 

3)ただの薬缶が、愛すべきキャラに

 

擬人法によって、薬缶がまるで生き物(人)のように、描かれている。

 

水のいっぱい入った薬罐が

夜ごと、こっそり台所をぬけ出し、

町の上を、

心もち身をかしげて、一生けんめいに飛んで行く。

 

天の河の下、渡りの雁の列の下、

人工衛星の弧の下を、

息せき切って、飛んで、飛んで、

(でももちろん、そんなに早かないんだ)

 

決して格好良くはないけれど、どこか鈍くさいところが愛らしい、われらがニューヒーロー「薬缶くん」、あるいは「薬缶ちゃん」の誕生である。

 

赤字で強調した箇所は、ひたむきで、少し滑稽な「薬缶ちゃん」のキャラクターを巧みに描いている箇所を、赤字で強調してみた。

 

ところで、「薬缶ちゃん」は、一生懸命に空を飛んで、何をしてようとしているんだろうか?

 

4)意外な結末

 

クライマックスをすっ飛ばして、いきなりエンディング。

 

そのあげく、

砂漠のまん中に一輪咲いた淋しい花、

大好きなその白い花に、

水をみんなやって戻って来る

 

ドラマチックな結末が描かれず、むしろ「な~んだ、こんなことなの~」とがっかりするくらいにの「オチ」だ。

 

しかし、この「拍子抜け」こそ、愛すべきキャラの「薬缶ちゃん」にはふさわしい。

 

偉大なことを成し遂げようとするのではなく、お花に水をやるだけとは、さすがは隣のヒーロー「薬缶ちゃん」である。

 

5)短い

 

この「未確認飛行物体」は、予想以上に早く終わってしまう。呆気ないと思うほど、「短い」のである。

 

この「短い」ことで、嘘が嘘っぽく感じない、とも言えるだろう。

 

設定やディテール、物語展開に凝りすぎると、無理が生じて、つまらなくなる危険性もある。

 

だから「短い」方が良かったのだ。

 

それに、「長い」と説明過多になったり、イメージを限定してしまいかねない。

 

読者が自由に想像力という翼を広げられるように、「省略」という究極の美学を採用したとも言えそうだ。