詩心とは

 

「詩人」とは?

 

「詩人」とは、詩を書く人だけを指すのではなく、詩心を持っている人全員が詩人なのです。自分では気が付いていない場合が多いのですが、誰もが詩心を持っています。ですから、すべての人は詩人なのです。

 

では「詩心」とは?

 

「詩心」は「詩精神」、あるいは「詩魂」と呼んでもさしつかえありません。

 

この「詩心」は、詩を書くことの専門家である、いわゆる詩人だけが持っているのではなく、一般庶民も持っています。

 

だから、和歌(短歌)、俳句、近代詩などを理解できない日本人はいないのです。

 

「詩心」は詩を理解し、愛し、また詩を生み出す心でありますが、実はそれだけではありません。

 

人間が優れたものを作り出す時は、必ず「詩心」がはたらいています。ですから、「詩心」を軽蔑したり、無視する人は、自分の中にある詩心を活用できないので、優れたものは生み出せない、とあえて主張したいのです。

 

建築、絵画、彫刻、音楽、陶芸、文学などの芸術はもちろん、料理、喫茶、ダンス、大道芸、ファッション、接客などにも、「詩心」が必要だと私は思っています。

 

「詩心」は美的センスであり、創作能力であり、あらゆる表現活動の核となるものなのです。

 

そして忘れてはならないのは、詩心とは「何ものにも支配されない、自由な精神であり、時代(歴史)の本質を見ぬき、未来を予見する直観力」を指すこと。

 

その意味で、あのロシアの大文豪である、ドストエフスキーは紛れもない詩人であったのです。

 

そう、詩人は時に、預言者となります。

 

詩心の7つの美点

 

「詩人」と「真の詩人」の定義のところで、人が「真の詩人」になるためには「自立」が大前提となると述べました。

 

以下では、「自立」した「真の詩人」が有する「詩心」について解説します。

 

「詩心」には7つの美点(特性・特長)がありますので、その一つひとつについてご説明しましょう。

 

1)生きとし生けるものへ愛情(慈愛

 

すべての生命に対する無条件の愛を有する心を詩心と呼ぶ。

 

2)視点を自由に動かせる能力(視点移動

 

視点を固定してしまうことほど、非生産的かつ危険なものはありません。

 

視点を左右、上下だけでなく、過去や未来にも自在に動かせる能力こそ、豊かな明日(希望ある未来)を創造するためには欠かせません。

 

空間だけでなく、時間においても、自由に視点移動できるのは、詩心の働きによるものです。

 

より高次元の優れた結論を導きだすためには、複数の視点が必要だとはよく言われること。しかし実は、個人は視点を一つしか有しておらず、複数の視点とは、視点を移動させた結果、視点が増えることを意味するのです。

 

この視点移動の能力は、真実の解明、歴史の深い理解、左右の分断などによる誤解の解消、より豊かなプランの創造などに役立ちます。

 

実はこの「視点移動」の名人だったのが、詩人の金子みすゞなのです。

 

金子みすゞは「視点移動」の魔術師である

 

3)すべてのものから自由な精神(自由

 

既成概念、固定概念、先入観、道徳、宗教、イデオロギー、あらゆる洗脳・謀略工作などから自由な精神を詩心と呼ぶ。

 

4)物事の本質を見ぬく洞察力(直観

 

事象の核心をつく、物事の本質をつかむ洞察力を、詩心と呼ぶ。

 

5)美を感じる(もののあはれを知る)心(審美

 

豊かに美を感じ、もののあはれを知る繊細な心を、高い審美眼と美意識そのものを、詩心と呼ぶ。

 

6)未来を予見し、より良い未来を企画する能力(想像力

 

豊かなイマジネーション(想像力)も、詩心の大事な特性。想像力が優れているからこそ、より良い未来の形を、具体的にプランニング(企画)できるのです。この想像力を拡張するなら、未来を予見する予知能力を持つことも可能でしょう。

 

7)幸を分け合う、和の精神(調和

 

人と空間(自然・街)と時間(歴史・伝統文化)との調和を希求する精神を、詩心と呼ぶ。

 

和を尊び、魂と宇宙との調和を求めるのも、優れた詩人の特徴。

 

「和の精神」は、利己愛を、さらには利他愛をも超えた、広くて深い大きな愛だと言えるでしょう。

 

金子みすゞの「利他愛」と、それを超えたさらに大きな愛とは「大きな愛」とは