金子みすゞの「四月」というをご紹介します。

 

四月

 

新しいご本、

新しいかばんに。

 

新しい葉っぱ、

新しいえだに。

 

新しいお日さま、

新しい空に。

 

新しい四月、

うれしい四月。

 

いいなぁ、この詩。

 

こういう気持ちを、取り戻したいですね。

 

以下は、倒置法ですね。

 

新しいご本、

新しいかばんに。

 

もしも、以下のように書いたらどうでしょうか。

 

新しいかばんに。

新しいご本、

 

清新さが、やや弱まりますよね。やはり、倒置法によって「新しいご本」を先に言って強調する方が、インパクトがあるし、ときめきの度合いが高まります。

 

3回、倒置法で「ご本」「葉っぱ」「お日さま」を鮮明に打ち出し、そして最後の連で……

 

新しい四月、

うれしい四月。

 

倒置法を使わないこで、リズムが変り、この変化が効いていますよね。

 

「うれしい四月」の最終行は、感動的なほど輝いている。さりげなく書いているようですが、技法が巧みです。

 

以前に私は金子みすゞの「さよなら」という詩のレビューで「金子みすゞは技巧オタクだ」と書きましたが、この「四月」くらいのテクニックは、朝飯前だったんですね。

 

金子みすゞの詩「さよなら」

 

金子みすゞのその他の詩はこちらに

(Visited 175 times, 3 visits today)