生きとし生けるもの」は、1955年に公開された西河克己監督の日本映画である。

 

原作は1926年朝日新聞に連載された、山本有三の未完の同名小説。

 

恋愛を織り交ぜたヒューマンドラマなのかなと思って観ていたが、後半から終盤にかけて、凄い映画になってくる。

 

これはもう、名作映画として賞賛するしかない、と観念した。というか、こういう映画を名作として語り継ぐべきである。

 

主な出演者は以下のとおり。豪華キャストである。

 

三國連太郎 - 伊佐早靖一郎

南寿美子 - 菅沼民子

山村聡 - 曾根周作

山内明 - 曾根夏樹

東谷暎子 - 香取あき子

轟夕起子 - 南ゆき子

三島耕 - 伊佐早令二

村瀬幸子 - 母さと

北原三枝 - 八代恵美

笠智衆 - 遠藤老人

 

主演は三國連太郎と南寿美子だ。前半は恋愛映画だが、後半は人間成長劇となっている。

 

山村聡笠智衆が効いていた。この二人がいなければ、この映画は成立しない。

 

原作は山本有三の小説だということだが、もうほとんど誰にも読まれない作家になってしまった気がする。

 

最も有名な「真実一路」を読み返してみようかとも思うのだが、失望したら怖いのでやめておいたほうがいいかもしれない。

 

日活の青春映画を数多い手がけた西河克己が監督をしたが、木下恵介か成瀬巳喜男が監督だったら、とふと思った。

 

文芸作品らしい、深みのある映画になった気はするけれども、この作品も立派な傑作と呼ばれる価値はある。

 

その理由は、西河克己監督の「しあわせはどこに」(1956年)を観れば納得するだろう。

 

西河克己監督は、もともとは文芸作品に向いている人なのだ。それなのに、時代の要請から、エンターテインメントの高い青春映画を多く撮ったのだと思う。

 

西河克己監督に、思う存分、芸術性を追求した作品を撮らせたかったと、惜しい気がしてならない。

(Visited 26 times, 1 visits today)