外国の名作映画・ドラマ

映画「黄昏」はジェニファー・ジョーンズの鮮明な存在感と演技力が圧巻。

ジェニファー・ジョーンズという女優をご存じでしょうか。名前を聞いただけで、彼女の代表作を列挙できるとしたら、あなたは相当な映画マニアですね。

あの名作映画「慕情」の主演女優だと言えばおわかりでしょうか。モンゴメリー・クリフトと共演した「終着駅」も有名です。

私は最近、ジェニファー・ジョーンズが主演した「ジェニイの肖像」という映画を見たのですが、なかなか良かったですよ。

で、今回ご紹介する映画は「黄昏(たそがれ)」です。

「黄昏」(たそがれ、Carrie)は1952年に公開されたアメリカ映画。 監督は「ローマの休日」のウィリアム・ワイラー。主演はローレンス・オリヴィエとジェニファー・ジョーンズ。 原作はセオドア・ドライサーの1900年の小説「シスター・キャリー(英語版)」。

実は、この「黄昏」が、これまで私が見たジェニファー・ジョーンズ主演の映画の中で、最も見ごたえがありました。

というか、ジェニファー・ジョーンズの良さが存分に出ている映画というべきでしょうか。

物語や演出は大したことないのですが、ジェニファー・ジョーンズの高貴な存在感と情感豊かな演技力だけで、作品を名作と評したくなる水準にまで引き上げてしまっています。

相手役の ローレンス・オリヴィエの演技は渋くて質は高いのですが、ジェニファー・ジョーンズの引き立て役となっていました。

ジェニファー・ジョーンズは、エリザベス・テイラーやイングリッド・バーグマンのような絶世の美女タイプとは少し違いますね。

ジェニファー・ジョーンズから、母性に似た温もりを覚えるのは私だけでしょうか。また、日本でいうと京マチ子のようなスケールの大きさがあります。

それにしても、1952年に制作された映画ですが、実に贅沢な味わいがあるのですね。当時は、娯楽は極めて少なかったでしょうけれど、映画の質は今とは比較にならないほど、レベルが高い。

物があふれるほどあるわけではなく、情報も少なく、経済的にも貧しかったかれども、実に豊かな時代だったように感じるのですが、いかがでしょうか。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP