カテゴリー:是枝裕和
ホームPage 1 / 11

是枝裕和監督の作品はテイストに際立った癖のようなものがあり、それほど好きとは言い切れないできました。

意図して、こういうふうにしたいんだろうな、とは感じつつ、その意図が作品として成功していないことも多々あったと記憶しています。

今回鑑賞した「そして父になる」は、そういう意味で、是枝裕和らしい味付けは、積極的に最初からあきらめて映画を再生しはじめたのでした。

しかし、私の予測は良い意味で裏切られました。是枝節とでも呼ぶべきテイストはそこかしこに息づいていながらも、少しも我慢する必要がなかったのです。

見終って、脱力するくらい、じんわりと、しかも深いところで心にまとわりついて離れない、奇妙で心地よい感動に、しばし浸ることができました。

見る映画を決める条件として、出演する役者が、私の場合、かなりの比重を占めます。

「そして父になる」は、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキーが出演していますが、私が好きな俳優は一人もいません。

でも、映画を見終った時、この4人の役者全員を好きになっていました。

よくぞここまで、水準の高い作品を作ることができたものだ。この映画の作品として優秀さにも感心したけれど、よくぞこの境地にまで到達した是枝裕和監督の成長を賞賛したい」というのが私の率直な感想です。

不遜かもしれませんが、映画を愛し、映画黎明期の名作から、長いこと、映画というものを鑑賞してきた者として、あえて、こう申し述べたいと思います。

既存の映画にない新機軸に挑戦していること、また才能が実に豊かであることは確かだったのですが、それを本当の意味で活かせるだけでの映画監督としてのトータルパワーが足りなかったのです。

それが「そして父になる」によって、是枝監督らしさをギャップなく、視聴者の感動へのつなげられる水準に、監督手腕が達したと言えるでしょう。

以下が、是枝裕和の撮った長編映画です。

幻の光(1995年)
ワンダフルライフ(1999年)
DISTANCE(2001年)
誰も知らない(2004年)
花よりもなほ(2006年)
歩いても 歩いても(2008年)
大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-(2008年) - 2015年に再上映
空気人形(2009年)
奇跡(2011年)
そして父になる(2013年)
海街diary(2015年)
海よりもまだ深く(2016年)

かなり前に「幻の光」を見たのですが印象に残らず、何年か経って映画館で「誰も知らない」を見て「オッ」と思い、続けて「DISTANCE」「ワンダフルライフ」を鑑賞。

そして、また数年経ってから「歩いても歩いても」を見ました。

正直、「そして父になる」を見なかったら、独特の雰囲気のある質の高い映像をつくる映画監督ですね、くらいの評価で私の中では終わっていたと思います。

以下、「誰も知らない」を劇場で見た後に私が書いた、簡単な感想文を引用します。

1)最近のハリウッド映画の反語として見た。

ハリウッド工場で作られる、商業主義、効率性を重視した合理主義に、うんざりしている人は多いのではないだろうか。
その意味で、この映画はいっぷくの清涼剤として存在感を示していた。
どたばた人が死んだり、ストーリーのために人間が動いている、ご都合主義はこの映画には無縁だ。
フラットで純粋な仕上がりが、正常な視聴者との対話を生んでいる。

2)静けさを湛えた、皮膚感覚のある映像美は珠玉。

「ワンダフルライフ」のような幻想性はないが、静かで、適度な湿気のある肌触りを感じさせる映像は、この監督ならではのもの。
刺激ばかり強い映画を見ていると薬物中毒にでもなったように、神経が病んでしまうが、そうならないために、この映画はあるんですよ、と主張していると感じた。

「誰も知らない」を見た時、強い感銘を受けたのですが、しばらく感想が書けなかったのです。感動が大きすぎて書けなかったのではなくて、何かが足りないと感じていたからだ、と今なら自分で納得できます。

「そして父になる」を見なかったら、是枝監督の鮮明な代名詞として「誰も知らない」が私の中で鳴り続けていたと思います。良い意味でも悪い意味でも……。

ところが「そして父になる」は、これまで是枝監督の長所でもあり、ある時は空まわしり、鼻につくことさえあった独特の映像テイストが、ごく自然な空気感に変わっていたのでした。

この記事の続きを読む

久しぶりに是枝裕和監督の映画をGoogle Playで見ました。Google Playですと実に簡単に映画が見られるので、最近、ハマっています。あの黒澤明の映画も見られるので、驚きました。

さて、今回鑑賞したのは「歩いても歩いても」です。「誰も知らない」を映画館で見て以来なので、本当に是枝裕和監督の映画は久方ぶりです。「誰も知らない」が2004年「歩いても歩いても」が2008年の作品。

今回この作品を見ようと思ったのは、主演が阿部 寛で、その相手役が夏川結衣だったから。この二人が夫婦役を演じるのならば見てみたいと素直に反応しました。

30分を過ぎた頃、是枝映画独特の平板な物語進行に、いっしゅん挫折しそうになりました。その危機を過ぎると、最後まで鑑賞することができたのです。

もちろん、是枝監督はあえて山場を設けるとか、次々に事件を起こすとかして視聴者を飽きさせない仕かけを排除しているのですね。ゴンチチのギター演奏とマッチングした静かな映像は、淡々と進行します。

本当に、事件らしい事件はひとつも起きません。心理描写に抑揚がある程度です。

こういう演出は、よほど作品の質に自信がないとできませんよね。

是枝監督の他の作品と比べても、映画としての野心も感じられず、おとなしい作品に仕上がっています。

ただ、実家という狭い舞台に多くの人物が訪れて去ってゆく、その出入りが効果を上げていて、群像の描き方がうまいなぁと感じました。

その群像の中で、阿部 寛、夏川結衣に加え、樹木希林原田芳雄が、子供たちとの関わりの中で自らの存在感を表情豊かにあらわしていました。

群像劇であり、人間関係劇であるのですが、子供たちの動きが効いていて、目には見えない時の流れる表情さえも感じられてくる珍しい映画です。

そうした微妙な味わいがあるからこそ、最後で、鑑賞できたのだと思います。

ホームPage 1 / 11