原民喜の「青空の梯子」という詩をご紹介。

 

青空の梯子

原民喜

 

二階の窓に桜の葉が繁って、彼は中学を休んだ。曇った朝の空が葉のむかふにあった。雀が囀った。

 

怠けものはさきになって困るぞ、と誰も云はないが云ふ。それがちりちりと迫った。

彼は左官になって一生懸命高い梯子を登り降りする姿を夢みた。懐中時計の字のない部分は白かった。

正午前である。空がすっかり晴れて来た。

 

(Visited 57 times, 1 visits today)