例えば家電の量販店のチラシに「最新のテレビがさらにお求めやすい価格になりました」と書かれていたら、それは日本語の使い方として間違っているのです。

 

お求めやすい価格」という表現を、意味をかえずに、正しく書き直すと以下のようになります。

 

「さらにお求めになりやすい価格になりました」

 

「さらにお買い得になりました」

 

「お求めになりやすいお値段です」

 

文法的にご説明しましょう。

 

形容詞の「~やすい」は、動詞の連用形について「とかくそうなる傾向がある、そうなりがちだ、…するのが容易だ、…するのが簡単だ、などの意味を表します。

 

「風邪をひきやすい」「間違いやすい」「歩きやすい」「見やすい」「話しやすい」「読みやすい」などなど……。

しかし、この「~やすい」は名詞には接続しないのです。「求め」は「求める」の動詞連用形で、名詞となります(名詞化します)。

 

ですから、名詞にはつかない「~やすい」を名詞である「求め」につけ、その頭に「お」をつけても正しい敬語にはなりません。

 

ところが「お求めやすい」という表現はしばしば使われるために、大きな違和感は覚えないという人も多いでしょう。

しかし、他の語を「お~やすい」という形にしてみると、わかりやすくなりますよ。

 

「お~やすい」という形の誤用例

 

「始めやすい」→「お始めやすい」

 

「走りやすい」→「お走りやすい」

 

「入りやすい」→「お入りやすい」

 

「書きやすい」→「お書きやすい」

 

これらからは、すぐに不自然さが感じとれるでしょう。

 

「動詞+やすい」に「お」をつけることはできません。

 

で、間違った敬語表現をしないための対策をご紹介しましょう。

 

動詞の尊敬表現「お~になる」にしてから「やすい」付けると自然で正しい日本語になりますよ。

 

「お始めやすい」は誤用で「お始めになりやすい」が正しい尊敬表現。その構造は「お始めになる+やすい」となっているのです。

 

要点をおさらいしますね。

 

お求めやすい」は誤用。

 

「~やすい」は動詞に接続くもので、名詞にはつきません。

 

「お求めやすい」は動詞の尊敬表現である「お~になる」という形、「お求めになる」にしてから「~やすい」をつけるべきです。

 

したがって、「お求めになりやすい」が正しい敬語表現だと言えます。

(Visited 301 times, 1 visits today)