石垣りんの「太陽のほとり」というをご紹介します。

 

太陽のほとり

 

太陽

天に掘られた 光の井戸。

 

私たち

宇宙の片隅で 輪になって

たったひとつの 井戸を囲んで

暮らします。

 

世界中 どこにいても

太陽のほとり。

 

みんな いちにち まいにち

汲み上げる

深い空の底から

長い歴史の奥から

汲んでも 汲んでも 光

天の井戸。

 

(日本の里には 元日に 若水を汲む

という 美しい言葉が ありました)

 

昔ながらの

つるべの音が 聞こえます。

 

胸に手を当てて 聞きましょう

生きている いのちの鼓動

若水を汲み上げる その音を。

 

新年の光

満ち あふれる 朝です。

 

太陽を「天に掘られた 井戸」と、光を「水」ととらえる、この独創性がまず素晴らしい。

 

構成は、前半と後半に分かれる。

 

前半では、「宇宙」「世界中」といった大いなる空間を提示し、また「長い歴史の奥」というふうに悠久の時間をも描き出す。

 

ここまでは、視覚のみの世界。「光」が主役。

 

中盤過ぎで、以下の二行が挿入され、転調する。

 

(日本の里には 元日に 若水を汲む

という 美しい言葉が ありました)

 

そして後半。ここからは、聴覚の世界。「音」が主役に。

 

「若水を汲む音」を「いのちの鼓動」ととらえる。

 

最後の連では、再び「光」が主役に。

 

生命の歓びを「光あふれる朝」に象徴させて終わる。

 

「太陽のほとり」「光」「水」「若水を汲む音」「光あふれる朝」などの言葉が示すとおり、この詩「太陽のほとり」は生命賛歌だ。

 

ただ、詩のタイトル「太陽のほとり」と、前半の大スケールの映像、後半の「若水を汲む音」、そしてラストの「光あふれる朝」までの流れが、今一つ、しっくりこないと感じたのは私だけだろうか。

 

時空を前半は宇宙まで広げ、後半は日常の時空間で結ぶという大胆な試みは良いと思うが、その挑戦的な試技の着地は、ピタッと決まっているだろうか。

 

この点については、ワークショップなどで、いろんな人に感想を求めてみたい。

 

もし、着地に成功していれば、大傑作と言っていいのではないだろうか。

 

石垣りんのその他の詩はこちらに

(Visited 126 times, 1 visits today)