価値や資格などに定評のあること、保証ができることを「折り紙付き」と言います。この「折り紙付き」の語源をご存知でしょうか。

 

「折り紙」とは、紙を半折りした文書のこと。古くから、公式文書や目録に使用されてきました。江戸時代には、美術品や刀の鑑定書にも、この「折り紙」が使われました。

 

そのことから、確かに品質が保証されているものを「折り紙付き」と呼ぶようになったのです。

 

現代では、物品だけでなく、人物の実力などについても「折り紙付き」という表現を用いています。

 

(Visited 17 times, 1 visits today)