美しい日本の短編小説を選ぼうとして、かなり苦労しました⇒日本一美しい短編小説は?

 

「苦労」の意味は、選出したい作品が極めて少ないからです。それだけ、小説を短く書くのは難しいということでしょう。

 

一方、中編小説ですと、たくさんの作品が想い浮かび、ピックアップするのが楽しくなるのです。

 

では「語り継ぎたい美しい日本の中編小説」を、私なりに選び出してみることにします。

 

以下でご紹介した小説はこちらのページの最後に移動しました⇒文章表現力を豊かにしてくれる本のまとめ