風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY山本周五郎

山本周五郎の小説「雨あがる」を読んだ感想。

山本周五郎の短編小説集「おごそかな渇き」の中に収録されている「雨あがる」を興味深く読みました。 おごそかな渇き改版 (新潮文庫) [ 山本周五郎 ] 懐かしい。山本周五郎は、私の文章修業における師匠でもあります。20代の頃、山本…

映画「いのちぼうにふろう」は映画を愛する者として一度は見ておきたい隠れ名作。

映画「いのちぼうにふろう」を、アマゾンビデオで鑑賞しました。 アマゾンビデオがなければ、この映画「いのちぼうにふろう」を見る機会はなかったかもしれないので、感謝いたします。 いのちぼうにふろう 「いのちぼうにふろう」は、1…

映画「雨あがる」は山本周五郎の小説を黒澤明が脚本化した、温かくて厳しい名作。

映画「雨あがる」を見たのは2回目です。前に鑑賞した時よりも、強い感銘を受けました。 なぜでしょうか? おそらくは、私自身が少しだけ成長したからだと思われます。そして、今の私の心境にピッタリの映画だったのでしょう。 黒澤明は山本周…

読み継ぎたい美しい日本語で書かれた中編小説

美しい日本の短編小説を選ぼうとして、かなり苦労しました⇒日本一美しい短編小説は? 「苦労」の意味は、選出したい作品が極めて少ないからです。それだけ、小説を短く書くのは難しいということでしょう。 一方、中編小説ですと、たくさんの作…

黒澤明の映画「赤ひげ」をクリスマスに見る理由

黒澤明監督の映画「赤ひげ」を見ています。何回も鑑賞しているのですが、いつも新鮮な発見があるのが嬉しいです。 見ているというのは、今回はまだ全部を見終わっていないという意味。何しろ、この作品は180分以上もあるので、間に休憩をはさんだ方…

アーカイブ