与謝野晶子という名前を聞いた時に、すぐに思い浮かぶのが以下の一節です。

 

あゝをとうとよ、君を泣く、

君死にたまふことなかれ、

末に生れし君なれば

親のなさけはまさりしも、

親は刃(やいば)をにぎらせて

人を殺せとをしへしや、

人を殺して死ねよとて

二十四までをそだてしや。

 

日露戦争の時に歌った「君死にたまふことなかれ」という詩の一節。戦争にとられてしまった弟のことを嘆いた詩ですが、封建的な時代に、戦争を否定する視点から書くのには、よほどの決意が必要だったでしょう。

 

それと、この短歌が好きです。

 

清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵会う人みな美しき

 

二十代の頃、よく口ずさんだ歌です。映像が鮮やかにに浮かぶのと、気持ちの高揚感が生々しく伝わってきて、覚えやすかったのでしょう。

 

この短歌は有名な「みだれ髪」に収められています。

 

で、今日ご紹介するのは、「人間礼拝」という与謝野晶子の著書に出てくる言葉です。

 

人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に深く達してさえおればよろしい。

 

たくさんのことを覚えるよりも、ひとつことに専心する方がラクだし、楽しいと思うのですが、それがなかなか難しいらしい。

 

私は風花塾を運営していますが、他の塾、しかも複数の塾にも在籍しているという人が珍しくありません。

 

まずは、1つの方法で成功すべきだと思うのですが、ひとつの方法だけでは不安だと感じるのでしょうか。

 

他の塾に入っていなくても、スカイプ相談の時に、タイムテーブルをお聞きしますと、実にいろんなことをやられている。

 

そんなにいっぺんに並行してやらないで、もっと絞り込んで、集中した方が成果が上がりやすいと思うのですが、それがなかなかできないみたい。

 

料理の世界ではよく言われることですが、おいしいカレーライスを作れるようになると、すべての料理に通じることができるとのこと。

 

ひとつことを深く追求することで、物事の本質(核心)をつかむ、それこそが大事なのですね。

 

ただ、与謝野晶子は「自己に適した」という言葉を付け加えています。自分に合っていることでなければ、ライフワークにはできませんものね。

 

(Visited 37 times, 1 visits today)