風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORYライティング入門講座

キャッチコピー上達法

今回のテーマは「キャッチコピー」です。 キャッチコピーは、他の呼び方がいろいろあります。「キャッチフレーズ」「ヘッドコピー」「見出しコピー」「大見出し」などと、呼ばれる場合もあります。 正直、読者は本文は熟読しません。この「キャ…

「快感」「共感」「感動」、3つの「感」が人気ブログの条件

■Web文章は感覚的に読まれる運命なのです。 ブログなど、インターネット上に公開されている文章は、熟読はされません。 たいていの人は読み流す程度です。 考えながら読む人は、ほとんどいません。 では、Web文書を読む人は、…

ブログ文章で表現できること、その可能性は?

ブログを始めて、かなりの年数が経っています。もう、10年近く、ブログを運営しているわけで、いろいろと感じることがあるのです。 大量の文章を書くことは、プロの文章書きでないかぎり、ありえない時代が長かった。ブログが日本で本格的に始まった…

かたい文章よりも、やわらかな文章を

最近、自分の文章がかたくなっているので、何とかしなければと思っているのです。どうして、私の文章がかたくなっているかというと、エンタメ系のブログをやめてしまったからだと推測しています。 読者を楽しませることよりも、自分の信念を、しっかり…

Web文章は英語です?

■Web文章は英語のように書くべき? 日本語も英語のようになりつつある、という話をどこかで読んで記憶があります。 これは時代や社会情勢の変化によるもので、ある意味、当然だというべきでしょうか。 日本語は最後まで読まない(聞かな…

文章力アップは「書き言葉」に親しむことから

文章を書くことに対して、コンプレックスや苦手意識を持っている人が多いようです。 でも、怖れることはありません。文章は誰でも、練習さえすれば、必ずうまくなります。 作家になるとか、詩人になるとかは別問題ですが、一定水準までは、必ず…

自分メディアライターとは?

多くの人が、ブログアフィリエイターはコピーライターのような文章を書くべきだと勘違いしています。その勘違いを正すためには、ブロガーのことを「自分メディアライター」と呼ぶことが必要だというのが、風花未来の持論です。 ■言葉として定着していない…

ライターにとって「想像力」とは?

今回のテーマは「想像力」です。 文章を書く場合、「想像力」が不足していますと、読者との間に友好関係が築けません。つまり、読者が増えてゆくことはないのです。 「想像力」とは「自分がもしも~だったら……」と考える心のゆとりとも言えま…

ご都合主義と読者目線

■今日のテーマは「ご都合主義」です。 伝わる文章を書くために必要な要素として、「読者目線」を持つことがあげられます。 自分がこう書いた時に、読者さんはどう感じるだろうか?  そういう視点を常に持っていることが大事。 このこ…

すべての文章は手紙である。

シリーズでお伝えしている「美しい言葉.com」の「ライティング講座」。今回のテーマは「手紙」です。 ■すべての文章は手紙 以前「ビジネス文書は背広である」という言葉について書いたことがあります。女性の場合は背広とは言いませんから「背広」…

さらに記事を表示する

アーカイブ