文章はどのようにしたら上手く書けるようになりますか?という初心者の方から質問を受けた時、すぐに想い出すことがあります。

 

それはある著名な作家の弟子へのアドバイスです。

 

しゃべるように書いてごらん。そして筆がすべりすぎたら、少し休みなさい。

 

そのお弟子さんとは、実は水上勉

そしてお師匠さんは、宇野浩二

ともに有名な作家ですよね。

 

この話は、私が仕事でインタビューした、ある女流作家さんから、お聞きしました。

 

文章はしゃべるように書いてみると良いです。というのは、簡単に書けてしまうから。難し考えていたら、いつまでたっても書き出せません。

 

でも、ただの「おしゃべり」であっては、言い過ぎたり、取り止めがなくなったりしますから、少し手を休めて、リズムをととのえ、話を整理してゆく必要がでてくるというわけです。

 

まずは肩の力を抜き、しゃべるように、書き出してみましょう。

 

文章力を身につける上で最もいけないのは、文章を書くことを特別な行為だと思い込むことです。

 

心配はいりません。日本語は私たちが毎日使っているわけですから、書けない人はいません。

 

私だって文章を書くのは子供の頃から苦手で、作文で誉められたことなど一度もなのです。

 

でも、下手はヘタなりに書いているうちに、何とか文章力と言えるものがついてきました。

 

文章はもともと人間が生み出したものですから、何も怖がることはありません。

 

大切なのは、上手く書こうとせずに、ただ書き出してみることです。

(Visited 16 times, 1 visits today)