今回は高浜虚子俳句をご紹介します。

 

手毬唄かなしきことをうつくしく

 

チャップリンは「美しさの中には必ず哀しみがある」という言葉を残している。

 

手毬唄は幼い頃に聴いた記憶がある。私の生まれ育ったまちでは、子供たちは「毬つき」をして遊んでいた。

 

女の子たちの歌声は、冷たい風のように心に沁みた。確かに、その歌は、悲しく、美しかった。

 

「手毬唄かなしきことをうつくしく」と俳句として遺してくれた人が、日本人にいてくれて感謝したい気持ちだ。

 

桐一葉日当たりながら落ちにけり

 

こういう動きのある情景を描出した俳句を私は愛する。

 

「日当たりながら落ちにけり」と描写しているけれども、今の慌ただしい(余計なことに気をとられて勝手に忙しくしている)現代人には、とてもこういう視点は持ちえないのではないだろうか。

 

流れ行く大根の葉の早さかな

 

同じく、動きのある秀句だ。

 

昔は川で大根を洗う習慣があった。それほど川の流れが綺麗だったということ。

 

失われた日本の風景には、美しいものが多すぎる。

 

消えた風景を俳句としてしか確認できないことは、悲しい、情けない気がするのだが、いかがだろうか。