山口誓子俳句をご紹介します。

 

突き抜けて天上の紺曼珠沙華

 

空の紺、曼殊沙華の赤の対比が素晴らしいのはもちろんですが、何といっても「突き抜けて」の発句が実に効いていますね。

 

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ

 

青春期から最も好きだったのが、この「学問のさびしさに堪へ炭をつぐ」という句です。

 

何かを成し遂げようとすると人は孤独になりますね。真剣に物事を考えても独りぼっちになる。

 

その「さびしさ」を「炭をつぐ」ことで堪えているという感じが、求道的で青年だった私にはたまらなく愛しかったのでしょう。

 

炎天の遠き帆やわがこころの帆

 

若山牧水ふうで良いですね。「こころの帆」という表現が、甘酸っぱくて、若々しくて……こういう軽みのある(ストイック過ぎない)「ふくらみ」のある句も貴重でしょう。

(Visited 70 times, 2 visits today)