風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

Web文章とはホームページ、ブログ、メルマガ、Facebookなど、インターネット上で公開される文章のことです。ネット文章と呼んだりもします。

Web文章は、新聞、雑誌、書籍などに掲載される文章とは、異なる点が多く、そうしたポイントを押さえておかないと、読者に伝わらないばかりか、法的に訴えられてしまうなどのトラブルも起こしかねません。

そのため、Web文章の書き方、Webライティングの専門書を読んでおく必要があります。

以下、私が持っている、Webライティングに関するノウハウ書をすべて、ご紹介しましょう。

風花水映 Webライティング・スピードマスター

「風花水映」は、Web文章の書き方(Webライティングの方法)を、初心者の方向けに優しく解説した電子書籍マニュアル。現役のブロガーであり、メルマガライターでもある風花未来が、現在進行形のノウハウ、次世代を見すえた新技法を提供します。5つの特典は一般書籍にはない魅力です。

風花香凛 スマホ時代に対応した新ライティング・メソッド

Webサイトをパソコンで見る人の数は減る傾向にありますが、スマートフォン(スマホ)で閲覧する人は増加しています。当然、ブログで文章を書く人は、スマホで閲覧する人のニーズに対応したライティングを心がけねばなりません。「風花香凛」は、スマホに徹底対応した日本で唯一の「スマホ文章術」教材なのです。

Webライティング成功の法則60

私が「風花水映」というWebライティング入門書を制作した時に、もっとも参考にしたのが、この本。練習問題で示される「Before&After」は、たいへん役に立ちます。

これは「効く!」Web文章作成&編集術逆引きハンドブック

プロフェッショナルWebライティング」の著者である松下健次郎氏の新著。「逆引きハンドブック」というサブタイトルどおり、疑問的や要望に答える形で本編が構成されていることが特徴。最終章の資料編は「用字・用語基準」「技術知識」「作業を楽にする便利ツール」「情報源と参考書」で構成されており、極めて実用的です。

Web文章上達ハンドブック―良いテキストを書くための30ヵ条

約100ページという短さが、初心者の人には嬉しいでしょうね。サイズもコンパクトなので、セカンドバックに入れて持ち歩けます。

編集の特徴としては、ディレクター、ライター、エディターという3つの視点からノウハウがまとめられていること。そのために、伝わる文章を書くコツが、様々な角度から得られ、しっかりと実践すれば、結果として極めて高い完成度の文章が書けるようになるでしょう。

その他、私が持っているWebライティングに関する本を以下、あげておきます。いずれも、得られることが多いノウハウ本ですが、発表された年が古いのと、古本になっていることが難点と言えます。

プロフェッショナルWebライティング

伝わるWeb文章デザイン100の鉄則

ホームページで伝わる日本語―アクセスアップのためのやさしいWeb文章入門

その他の文章指南書はこちら⇒文章の書き方に関するノウハウ本

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ