久しぶりに優れた邦画に出逢ったと思いました、確かに、ラストシーンを見るまでは。

 

今回私が見た「最後の忠臣蔵」は、2010年に公開された日本映画。原作は池宮彰一郎の小説「最後の忠臣蔵」。監督は杉田成道。主演は役所広司。主な出演者は、佐藤浩市、片岡仁左衛門、桜庭ななみ、安田成美、山本耕史など。

 

まったく予備知識がなかったので、ラストがどうなるかわかりませんでした。

もう、話がほとんど終わっている感じなのに、残り時間がやけに長い。これは、最後に意外な展開になりそうだ、と期待した私が馬鹿でした。

 

このラストで、すべてとは言いませんが、8割がた台無しになりましたね。

 

一番、安直な結末でした。

 

しかし、しかし、です。

 

この結末以外、どう考えても浮かびません。

 

役所広司が土壇場で何かしでかしてくれればいいのですが、まさか、自分が育て上げた桜庭ななみを連れて逃げてしまう、とかになったら、武士道もへったくれもなくなってしまいますからね。

 

それにしても、残念。これ以外の結末、人間とは不可解なり、怖ろしい、謎だ、という結末にしてほしかった、と思っているのは私だけでしょうか。

(Visited 9 times, 1 visits today)