文章の書き方講座

商品が売れやすくなる「ドラマチック文章術」とは?

ドラマチック文章術という言葉を耳にしますと、初心者の方は、難しそうに感じるかもしれません。

心配しないでください、大事なのは、最初に本質(核心)を理解することです。後は、その本質を自在に使いこなせるように、慣れてゆくだけで良いのです。

逆に、最初に核心をつかんでおかないと、いくら努力しても、人の心を動かす記事は書きにくいので、ご注意ください。

以下、構成と内容にわけて、簡単に説明しますね。

1)構成

ブログ全体で商品を売って収益を伸ばしてゆくためには、「お役立ち記事」と「商品レビュー記事」のバランスが大事になります。

では、「お役立ち記事」と「商品レビュー記事」の構成は全く異なるかというと、そうではありません。

実は、構成は「お役立ち記事」も「商品レビュー記事」も同じである(ドラマチックな構成を採用する)方が、読者の満足度は高くなるのです。

「お役立ち記事」では最初に「問題提起」をすることを、「商品レビュー記事」では、「良い事件の明示」をすることを推奨いたします。

いずれも、冒頭で「謎の提示」をするわけですね。

冒頭で謎を提示し、その続きで謎を解明してゆくのが、ドラマチック文章術の公式です。

もっとシンプルにしますと、ドラマチック文章術の構成は以下のようになるのですね。

謎の提示→謎の解明

これは、小説ならミステリの構成ですし、エンターテイメント作品ではよく採用されるパターンなのです。

要するに、文章にドラマ性を持たせるということは、エンタメの構成を採用することになります。

2)内容(変化)

記事の構成がわかったら、次には、商品レビュー記事に書く内容を確認しましょう。

「変化」という事件を書く。

冒頭で「良い事件の明示」をしたら、後半で「どうしてそのような良い事件が起きたのか、その謎を解く」のです。

そのことは、言い換えますと、良い事件とは自分に起きた良い変化のことであり、謎解きとは自分に起きた変化について劇的(ドラマチック)に書くことなのです。

では、なぜ「変化」に、そこまでこだわるのか?

世の中には「変わりたい」と願っている人が実に多いのですね。「変わりたい」と思うのは、現実に満足をしていないからです。

現実に満足していなければ、必ずそこに悩みが生まれます。

悩みは辛いのです。だから、人はその悩みを解決して、悩んでいる自分から悩みを解消した自分へと変わりたいと願うわけです。

ですから、悩みを解決したという変化の体験を語ると、読者に共感されやすくなります。

また、売れている商品の多くは、人の悩みを解決してくれる力を持っていることを確認してください。

商品を確実に売るためには、悩みの解決という変化をもたらしてくれる力が商品にあることを、生き生きと読者に伝える必要があります。

ただ、性能などを詳しく説明するだけでは、読者は買ってくれないものです。

そのために、レビューアーは、自分の変化をドラマチックに語ることで、読者に「自分も、あなた(記事の筆者)と同じ方法で悩みを解決してみよう」と決心させなければなりません。

その書き方のことを「ドラマチック文章術」と、私は呼んでいるのです。

ですから、結論的に申しますと、ドラマチック文章術では、以下のことをかなえる必要があります。

変わりたいと願っている人に向かって、自分が変わった体験をドラマチックに伝えることで、読者にも同じ方法で変ろうと行動してもらうこと。

それが、読者が商品を買うということ、即ち「商品が売れること」なのです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP