今回ご紹介するのは、渕上毛銭ふちがみもうせん)の詩「約束」。

 

さっそく、引用してみますね。

 

約束

 

今日も
夕まで
なにごともなく
生きた
この分では
明日という日は
たしかに
約束されてゐる
いま
私は静かに待つてゐる
静かに
待つている者には
きつと
約束は果たされる

 

渕上毛銭は、誰と、どんな約束をしたのか?

 

それを説明したら、身もふたもないということになってしまうだろう。

 

答えを導き出そうとするわけではないが、「約束」という言葉の周辺に遊星のようにある、キーワードをあげてみよう。

 

今日 夕 待っている 果たされる

 

果たされることは「死」ではないだろう。

 

美なるものの成就、透明になるまで本当の自分になりきること、世界と完全調和すること、などなど……。

 

「果たしたいこと」は、読者が自由に思い描けば良い。

 

優れた表現作品は、ほぼ例外なく、結論を読者に委ねる。「約束」もまた、読者が完成させるべき詩である。