風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

風花未来の一行詩「渡り廊下に、風が吹く。」

一行詩を書いてみました。

渡り廊下に、風が吹く。

これだけです。

昔の小学校や中学校には「渡り廊下」なるものがありました。校舎と校舎をつなぐ廊下です。私が住んでいた浜松は「遠州の空っ風」という言葉があり、風が強いところでもあります。

渡り廊下を渡る時、なぜか、風が強く吹く、そんな記憶が強いのです。

寒さをこらえつつ渡ってゆく冬。ところが、夏は、どんな面持ちで、渡り廊下を渡っていたのか、想い出せません。

ただ、渡り廊下には、いつも風が吹いていた。それだけは確かです。

何も悩みがなかった、あの童心に帰るすべはありません。ただ、あの時吹いていた、風を感じることだけはできます。それだけが、救いだと言えるでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ