間違えやすい日本語

  1. 「施行」の正しい読み方は?

    「施行」を「政策や法令などを実行すること」の意味で使う場合には、どのように読んだらいいのでしょうか?正解は以下のとおりです。「しこう」と読むのが正解…

  2. 「幕間」を「まくま」と読むのは間違い、正しい読み方は?

    演劇(芝居)の一幕が終わり、次の幕が上がるまでの時間を「幕間」と言います。さて、この「幕間」の正しい読み方は?正解は「まくあい」。「まくま」と読…

  3. 「とんでもございません」は間違い? 正しい敬語に言い換える方法。

    「とんでもない」という言葉を謙遜の気持ちを込めて丁寧に言ったつもりで「とんでもありません」とか「とんでもございません」と口にしてはいませんか?この「とん…

  4. 「ぞっとしない」を「恐ろしくない」という意味に間違えていませんか。

    「ぞっとしない」という言葉をどのように使っていますか? 「ぞっとしない」も、実に間違えやすい日本語の一つなのです。「ぞっとしない」は慣用句で「おもしろく…

  5. 「すべからく」を「おしなべて」や「すべて」の意味で使っていませんか?

    「すべからく」という言葉も、間違えやすい日本語のひとつ。「すべからくは」は「ぜひともしなければならない」「 当然……すべきである」という意味の言葉。…

  6. 破天荒(はてんこう)という言葉を誤用してしまう2つの理由

    「破天荒」は「はてんこう」と読みます。この言葉の誤用率は極めて高いらしい。文化庁が平成20年度に実施した「国語に関する世論調査」によれば、64.2%の日…

  7. 「小春日和」の使い方と意味を間違えていませんか?

    「小春日和(こはるびより)」という言葉を、私は若い頃、間違えて使っていました。2月とか3月に、ふと暖かい日があると、そのことを「小春日和」と呼んでいたの…

  8. 「金の草鞋」を「きんのわらじ」と読むのは間違いで「かねのわらじ」が正しい?

    「金の草鞋で尋ねる」という言葉を今も日常で使っている人はいるでしょうか?「年上の女房は金の草鞋で探しても持て」とか「一歳年上の嫁さんは金の草鞋を履いてで…

  9. 「順風満帆」は「じゅんぷうまんぽ」と読むのは間違いで「じゅんぷうまんぱん」が正しい?

    「順風満帆」の読み方を間違えてはいませんか?順風満帆を「じゅんぷうまんぽ」と読む人が多いのです。「帆」を訓読みして「まんほ→まんぽ」と読んでしまうのでし…

  10. 「物議を呼ぶ」は間違いで「物議を醸す」が正しい?

    「世間の人々の論議を引き起こすこと」をあらわすのに「物議を呼ぶ(ぶつぎをよぶ)」が正しいか、それとも「物議を醸す(ぶつぎをかもす)」が正しいか?正解は「…

PAGE TOP