間違えやすい日本語

「気持ちがほっこりする」が日本語として定着(国語に関する世論調査2012)

9月24日に文化庁が発表した2012年度の「国語に関する世論調査」で、新しい表現が、日本語として定着しているというデータが示されました。

以下、文化庁が発表した「新しい表現」と、それを使ったことがある人の割合をあげてみましょう。()の中は意味です。

ざっくりとした(大まかな)説明 38%

きんきんに冷えた(よく冷えた)ビール 34.3%

気持ちがほっこりする(温かくなりホッとする) 30.8%

パソコンがさくさく動く(快適に動く)20.2%

私の感覚では、「新しい表現」の中で、違和感を感じる言葉は意外にもなかったのです。

あえてあげるならば「気持ちがほっこりする」という表現は、自分ならば使わないかもしれないと思いました。でも「ほっこりすると」という言葉には、かなり豊かなニュアンスがありますね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP