間違えやすい日本語

  1. 「きもいり」は「肝煎り」と書くのが正しくて「肝入り」は間違い。

    「会社の上司の肝煎りで2人はついに結婚することになった」このように「肝煎り(きもいり)」とは、人の間に入っていろいろと世話をしたりして、間をまとめるため…

  2. 「五里夢中」は間違いで「五里霧中」が正しい。

    「五里霧中(ごりむちゅう)」は「方針や計画が立たないことを表す熟語」。しかし、わけがわからずに無我夢中になってしまうという意味を想起するためか、ついつい…

  3. 「危機一発」は間違いで「危機一髪」が正しい。

    結論から申しますと「危機一発(ききいっぱつ)」は日本語としては誤りで「危機一髪」が日本語の使い方として正しいのです。では、どうして「危機一発」と間違って…

  4. 「手練(てれん、しゅれん、てだれ)」の使い方を間違えていませんか?

    「手練」も間違いやすい日本語のひとつです。「手練」の読み方は「てれん」「しゅれん」「てだれ」の3つあります。それぞれ意味が違うので、使い方を間違えると、…

  5. 「舌鼓」の正しい読み方は「したつづみ」か、それとも「したづつみ」?

    日本語の中には実に多くの「間違いやすい言葉」「ややこしい言葉」があります。今回ご紹介する「舌鼓」も、どのように読んでも、読み間違えているのではないかと思…

  6. 「興味津々」の意味を正しく知れば「興味深々」「興味森々」と間違えなくなる。

    書き間違いしやすい(間違えやすい)四字熟語はたくさんあるのですが、中でも「興味津々(きょうみしんしん)」を「興味深々」あるいは「興味森々」と間違えてしまうことが…

  7. 「木っ葉微塵」は間違いで「木っ端微塵」が正しい?

    「間違えやすい日本語」シリーズ、行ってみましょう。「私の夢はこっぱみじんに吹き飛んでしまった」という時の「こっぱみじん」を漢字で書くと「木っ端微塵」が正…

  8. 漢字の読み方テスト(か行)その1

    誤読(読み間違い)しやすい漢字を集めてみました。その第2回目。今回は「か行」の「漢字の読み方テスト」です。以下の語句を読んでください。膾炙(   )…

  9. 漢字の読み方テスト(あ行)。誤読しやすい日本語を集めてみました。

    誤読(読み間違い)しやすい漢字を集めてみました。読み間違えやすい日本語を、あなた正しく読めますか?今回は「あ行」の「漢字の読み方テスト」です。以下の語句…

  10. 「懐石料理」と「会席料理」の違いと正しい使い方

    「懐石料理」と「会席料理」、あなたはこの2つの言葉をどのように理解し、またどのように使っていますか?読み方は同じで「かいせきりょうり」と読みます。…

PAGE TOP