風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

「施行」の正しい読み方は?

「施行」を「政策や法令などを実行すること」の意味で使う場合には、どのように読んでらいいのでしょうか?

正解は以下のとおりです。

「しこう」と読むのが正解。「せこう」と読む慣用もありますが、本来は「しこう」。

「施行」は「せこう」と読んでしまいがちです。たぶん「工事する」意味の「施工(せこう)」と混同してしまうのでしょう。

「施行(しこう)」を大辞林は以下のように説明しています。

し こう -かう【施行】
( 名 ) スル
1)公布された法令の効力を発生させること。法律は,施行時期の定めのない時は,公布の日より起算して満20日を経て施行される。せこう
2)実際に行うこと。しぎょう。 「君家の為を思ひて諸務を-し/日本開化小史 卯吉」

「施行」は「せこう」とも読まれますが、1の意味で使うのが妥当なようで、このあたりが悩ましい。

実は「施行」には「しこう」「せこう」の他にも、2つの読み方があるのです。

「施行(しぎょう)」。これは「施行(しこう)」の2と同じ意味。

「施行(せぎょう)」。これは「施行(しこう)」の1と同じ意味。また「仏法の善行を積むため僧侶や貧しい人々に物を施し与えること」の意味でも使います。

現実的には「施行(せぎょう)」「施行(しぎょう)は使わないでしょう。

まとめますと、「施行」には「しこう」「せこう」「しぎょう」「せぎょう」の4つの読み方がありますが、日常的には「施行」は「しこう」と読むのが最も一般的だと言えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ