風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY山田太一

吉野弘の「争う」を「ふぞろいの林檎たち」で手塚理美が朗読した件

読みたい時に、本はなし。こんな辛い思いを何回繰り返せば良いのでしょうか。 前回の記事「二人が睦まじくいるためには(吉野弘「祝婚歌」)」で、少し触れた吉野弘の詩のタイトルが判明しました。「争う」です。 この詩は、私の持っている「続…

山田太一脚本ドラマ「タクシー・サンバ」は濃密な人間関係劇

ドラマとは人間と人間が火花を散らすことであるという言葉があります。優れたドラマはその意味で、濃密な人間関係劇であると言えるでしょう。 山田太一が脚本を担当したNHKドラマ「タクシー・サンバ」では、特に人間関係の描き方が際立っています。…

山田太一「それぞれの秋」は家族ドラマの最高傑作?

山田太一が脚本を担当したドラマ「それぞれの秋」のDVDが届いたので、一気に見終えました。 木下惠介生誕100年::木下惠介・人間の歌シリーズ それぞれの秋 DVD-BOX [ 小倉一郎 ] この「それぞれの秋」は、家族ドラマの最…

山田太一「秋の一族」で原田知世が光っていた件

山田太一が脚本を担当した、NHKの一族シリーズ。これまで「春の一族」「夏の一族」をご紹介しました。 今回は「秋の一族」を取り上げます。「冬の一族」は制作されませんでしたので、これが一族シリーズ、最後のレビューとなります。 秋の一…

「春の一族」は山田太一の最高傑作?

山田太一が脚本を担当したドラマ「春の一族」を少し前に鑑賞し、深い感銘を受けたのですが、感想を書く時間がなかったのです。今も時間はないのですが、このタイミングで記しておかないと、今回の鮮明な印象がこのまま消えてしまうような気がして、何とかキー…

木下恵介アワー「二人の世界」の脚本は山田太一

山田太一が脚本を担当したドラマは全部見てみようということから、木下恵介アワーで放送された「二人の世界」を鑑賞しました。 というか、現在、最終回だけを見ていない状態です。「そうなのか、このドラマはそういうドラマだったのか」ということに気…

山田太一「夏の一族」には美しい日本人の残影が…

山田太一の脚本ドラマが、続々とDVD化されるようです。あの名作「岸辺のアルバム」も、ついにDVDになります。 さて、今回ご紹介するのは「夏の一族」です。このテレビドラマは、1995年9月16日、23日、30日 NHK総合「土曜ドラマ」…

山田太一ドラマ「想い出づくり」の感想

TBSドラマ「想い出づくり」は、1981年9月18日から12月25日にかけて放送されました。脚本は山田太一です。かなり古いドラマですが、日本のトレンディドラマはこの作品から始まったという話を、何かの本で読んだことがありました。 想い出…

山田太一ドラマ「岸辺のアルバム」全力レビュー1

山田太一の原作・脚本によるテレビドラマ「岸辺のアルバム」を、TBSオンデマンドで、ようやく見終わりました。「不朽の名作」とか「オールタイム・ベストワン」などという人もいる評価の高いドラマなので、気合を入れて見ようとしたのですが、全15話を一…

山田太一「星ひとつの夜」に主演した渡辺謙の存在感

もう見られないものと諦めていた山田太一の名作ドラマ「岸辺のアルバム」が、TBSオンデマンドで見られると知って、毎日一話ずつ、噛みしめるように鑑賞しています。 というものの、ここ数日、風邪気味で、なかなか先が見られないでいました。今日、…

カテゴリー

アーカイブ