カテゴリー:新藤兼人
ホームPage 1 / 212

今日、8月6日は「原爆の日」。アメリカ軍は、1945年8月6日に日本の広島に、8月9日には長崎に原爆を投下しました。8月6日を「広島原爆の日」、8月9日を「長崎原爆の日」とも呼びます。

あれから74年経った日本は、記録的な猛暑にあえいでいます。

あれこれと迷った末に、新藤兼人(しんどうかねと)監督の「原爆の子」を見ることにしました。

最初にこの映画「原爆の子」に関するデータをご紹介。

「原爆の子」(げんばくのこ)は、1952年(昭和27年)8月6日公開の日本映画。監督は新藤兼人、主演は乙羽信子

原作は、長田新(おさだあらた)が編纂した作文集「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ」。戦後初めて原爆を真正面から取り上げた映画

実は、その2年前の1950年(昭和25年)9月23日に、映画「長崎の鐘」(ながさきのかね)が公開されている。監督は大庭秀雄。脚本は、新藤兼人、光畑硯郎、橋田壽賀子が担当。戦後、日本人によって原爆を題材にした劇映画第1号。GHQによる検閲の為、原爆及び被爆状況などについて正面から取り上げることが出来ず、永井隆博士の伝記映画という形で製作。

「原爆の子」は1953年(昭和28年)、カンヌ国際映画祭に出品。後に公開された外交文書あるいは外務省文書において、当時の日本政府はこれを好ましく思っていなかったこと、アメリカの圧力により外務省が受賞妨害工作を試みたこと、逆にカンヌでは高い評価を得ていたことなどが判明。

1954年(昭和29年)には第8回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で平和賞、1956年(昭和31年)には第10回英国アカデミー賞で国連平和賞やポーランドジャーナリスト協会名誉賞など多くの賞を受賞し、世界において反核映画の第1号となる。

現在もこの映画はヨーロッパで度々上映されている。アメリカでは1995年(平成7年)にカリフォルニア州の大学の博物館で上映、2011年(平成23年)にはニューヨークブルックリン区で上映

また、監督の新藤兼人のデータも。

新藤 兼人(しんどう かねと)は、1912年(明治45年)4月22日、広島県佐伯郡石内村(現・広島市佐伯区五日市町石内)生まれ。日本の映画監督、脚本家。 2012年(平成24年)5月29日に死去。享年101歳

では、「原爆の子」を見た私の感想を、以下で記しておきます。 この記事の続きを読む

新藤兼人監督の映画について語ってゆこうと思っているのですが、新藤映画のアンソロジーDVDを購入し、それを見てご紹介することにしました。

昨日鑑賞したのが「縮図」です。

前回ご紹介したのが「原爆の子」でしたよね⇒新藤兼人の「原爆の子」レビュー

前作があまりにも感動的であったので、私としては、少し戸惑いました。

おそらくは、新藤監督としては、この「縮図」を撮った理由は、取り上げずにはおれないテーマがあり、それを表現したかったためだと思われます。

映画作品としては、成功とまではいっていないと感じたのですが、新藤監督はこのテーマをどうしても扱いたかったのだなと思えば、
それはそれで納得がいきます。

そのテーマとは「人身売買」です。

「原爆の子」とテーマは変わりましたが、表現手法は似ています。

貧困にあえぐ生活環境の中で、人間はどう生きるのか、また、どのように生きるべきなのか、そういうことを、お説教臭く語るのではなく、モノクロームの美しい映像でもって、静かに伝えているところに好感が持てます。

また、そいういう抑制の効いた表現が、作品としての寿命を長くしているのではないでしょうか。

何十年も前の映画を見ていると、名画と呼ばれる作品でも、かなり古びてしまっている部分がアダになって、その作品が好きになれなくなってしまうこともあります。

今回ご紹介する新藤兼人監督の「藪の中の黒猫」は、1968年の映画ですが、今見ても、古さをあまり感じ無い秀作です。

幻想的怪奇映画の名作といえば、すぐに思い浮かぶのが、溝口健二の「雨月物語ですよね。

この永遠の名作に迫る妖気を放つのが「藪の中の黒猫」。

怖さと美しさが錯綜する、魔的な世界が展開されます。

「藪の中の黒猫」

1968年公開。
監督:新藤兼人
出演:中村吉右衛門、乙羽信子、佐藤慶、太地喜和子

内容:民間伝承話に着想を得て新藤兼人が脚色し、同時に“性”の主題を追及したホラー映画。平安中期の京都、4人の落ち武者に暴行され家ごと焼かれた母娘が妖怪となって次々と復讐していく。TVドラマ『白い巨塔』の太地喜和子の妖艶な化け猫ぶりが見所(引用元:「キネマ旬報社」データベース)。

最後まで、充分に楽しめました。

しかし、贅沢かもしれませんが、鑑賞後、少し物足りなさが残りました。

その物足りなさとは何でしょうか?

物足りなさの理由は2つあるように思われます。

1つ目は、もっと耽美的につくってほしいと感じたのです。

もちろん、新藤兼人は耽美派ではないから、そういうものを望んではいけないのかもしれないけれども、もしも、この映画がもっと美的に仕上がっていたとしたら、名作映画として、もっと声高に語り継がれる気がしました。

2つ目は、シナリオがやや弱い。

最後、男が狂うのですが、狂った動機が弱い気がしました。化猫が男を襲う必然性も薄いと思います。

ですから、ラストシーンまでの迫力あるシーンへの感情移入が、今ひとつできなかったのです。

ただ、見ごたえのある場面は多数ありますので、繰り返しになりますが、最後まで、退屈するようなことは決してありません。

新藤監督の異色作ですが、語り継がれてゆくべきというか、忘れ去られるには惜しい秀作というべきでしょうか。

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」という記録映画をご覧になったことがあるでしょうか。

これはインタビュー・ドキュメントという作りになっています。
映画制作スタッフや俳優さんたちの証言をタップリと聴くことができるので、
溝口健二ファンならば、必見のドキュメント。

この記録映画の監督をしているのが、新藤兼人監督です。

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

製作=近代映画協会 配給=ATG
1975.05.24
150分 カラー
製作 ................新藤兼人
製作担当 ................山本文夫
監督 ................新藤兼人
構成 ................新藤兼人
撮影 ................三宅義行

1946年(昭和21年)、松竹大船撮影所で、
野田高梧とともに溝口健二監督作『女性の勝利』の脚本を書いた脚本家・映画監督の新藤兼人が、
師と仰ぐ亡き映画監督・溝口健二の生涯を取材する。
溝口の関係者39人に新藤自らインタビューを行い、ゆかりの場所も訪ね、取材を纏め上げた。(中略)
1976年(昭和51年)、キネマ旬報賞でベスト・ワン、新藤兼人が監督賞を受賞、同年の毎日映画コンクールでも新藤が監督賞を受賞している(引用元:ウィキペディア)

このドキュメンタリー映画に作り方に、新藤兼人という映画監督の性質が如実にあらわれていると感じたのは私だけでしょうか。

正直、編集が平板なので、よほど溝口健二という監督に興味がないと、最後まで見られないのではないかと思われます。

NHKのドキュメントですと、もっとドラマチックに作り上げるはずです。

しかし、新藤兼人は、違う編集方法を採用した。

つまり、あえて劇的なる要素を、このドキュメントから排除したのでしょう。

このフラットな編集に、新藤兼人の粘り強さ、執拗さが鮮明に見て取れます。

やらせを排除したインタビュー形式により、できるかぎりリアルな溝口健二という人間を浮かび上がらせたかったのだと思います。

【この名作映画のツボ】
このある種の退屈さの中に、新藤兼人の映画作成術の本流があるのではないでしょうか。
感傷をできる限り排し、ねちっこく現実的な人間像を描き出す眼力こそ、この記録映画の捨てがたい魅力だと言えます。

ホームPage 1 / 212