久しぶりに詩集を購入しました。サトウハチロー詩集です。

 

 

今日ご紹介する詩は「母という字を書いてごらんなさい」です。

 

さっそく、引用してみましょう。

 

母という字を書いてごらんなさい

 

母という字を書いてごらんなさい
やさしいように見えて むずかしい字です
恰好のとれない字です
やせすぎたり 太りすぎたり ゆがんだり
泣きくずれたり……笑ってしまったり
お母さんにはないしょですが ほんとうです

 

文字や言葉そのものを詩にしてしまうことも、詩人の得意技の一つで言えるでしょう。

 

サトウハチローは「母」という一文字を物の見事に詩にしてしまった。

 

ユーモアがあり、哀歓があり、母親への愛情もそこはかとなく伝わってきます。

 

最後の一行には意外性があり、この一行が書けることが作家としての「豊かさ」を示していると私には感じられました。

 

私は常日ごろから「漢字一文字の世界」に惹かれる傾向がありまして、記事にしたことがあります。

 

⇒光(ひかり)。漢字一文字の美しい日本語。

 

また、サトウハチローの詩は何回か取り上げています。

 

サトウハチロー「小さい秋みつけた」の言葉力

 

「リンゴの唄」。サトウハチロー作詞

 

「長崎の鐘」。サトウハチロー作詞