風花未来が、優れた詩や美しい大和言葉など、日本語の力を再発見。Web文章の書き方講座も連載中。

menu

美しい言葉

ファヨビ(Hwayobi ) 狂気、あるいは凶器について

3月28日から5月2日まで入院生活を送っていた。

退院して、体が回復してきて、そろそろ動きはじめようと思っているのだが、入院前と入院後では、自分の中で大きな変化が起きていることに、ようやく気づいた。

一言でいうと「狂気」に惹かれている。「凶器」と置き換えても、いい。

例えば、音楽の嗜好が変わってしまった。

これまで全く興味がなかった韓国の音楽を聴いている。

昨日も書いたのだが、Naviパク・ファヨビを聴いている。

K-POPというと、少女時代とかが凄い人気だけれども、楽曲をキッチリ聞かせる歌手もたくさんいるようだ。

Naviもファヨビも、実力派の歌手と言っていいだろう。

K-POPについて語れるほどの知識など持ち合わせていないけれど、ただ言えるのは、その勢いの凄まじさだ。

水面が表面張力を超えて、盛り上がっているような無節操な力を感じる。

暴力的なパワーだが、それを「狂気」と呼んでよい気がする。

この「狂気」、あるいは「凶器」に惹かれてしまっている自分を見つけて、当惑しているのだ。

韓国のドラマや音楽こそ、商業主義のかたまりであって、そういう世界には馴染めないはずだけれども、韓国のエンターテイメント・コンテンツは、動機が何であれ、その注入エネルギーが臨界点をこえんばかりなために、逆に享受する側は、ピュアな感じを受けるから不思議だ。

というか、韓国の音楽なり、ドラマは、本当に純粋な面があり、それは深く、普遍的なパワーを生み出していると感じてしまいそうになるのである。

特に、初期のファヨビ。

アルバムの1集と2集(ともに廃盤)を買って聴いてみたが、その歌唱法は、マライア・キャリーとかの影響が大きいけれども、それはあくまで意匠(表面的な現象)に過ぎないとわかった。

内面の歌心(歌声が湧き出る源泉)は怖ろしく深い。韓国の民族性かとも思ったが、それより、さらに深いところから、歌い上げているのだ。

宇多田ヒカルの歌唱が、ニューヨークテイストの演歌だという意味よりも、激しく深い何かを、ファヨビの歌には感じる。

だから、国籍とかジャンルとかはどうでもよく、ただファヨビの「歌」に聴きほれてしまった。

ファヨビについては、このサイトが詳しい。

パク・ファヨビ応援サイト

ファヨビとかNaviの噴出させる世界は、健康的ではない。毒性が強く、理性を麻痺させ、狂気への扉を開けようとする強い衝動を覚えるのだ。

今なぜ、こういう音楽を聴き、「凶器」に惹かれるのか、わからない。

理性が入る余地のない、それほど純粋な「狂気」という名の生命エネルギーが、ひょっとすると、私の内側からも吹き出してくるのかもしれない。そんな意味不明な予感さえしているのである。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ