音楽

小椋桂「この空の青さは」の永遠なる純粋。

今日、1曲を繰り返し聞いていました。

今日の東京の空は晴れ渡っていました。冷え込みはきつかったのですが、空の青さに、どれくらい気持ちが救われたことか。

私が聞いていたのは、小椋桂の「この空の青さは」という曲です。

サビの部分は、こんな歌詞。

あああ それにしても

この空の青さはどうだ

この雲の白さはどうだ

だだだだだだだだだだ

僕はもう逃げない

だだだだだだだだだだ

君が待っている

伝わりますかね。やっぱり、歌を聞かないと、わからないでしょうか。

この「彷徨」というアルバムは小椋桂のデビューアルバムです。純粋というか、初々しいというか、処女作ならではのみずみずしい透明感が、時代を超えて感動を呼びます。原点にしかない、唯一無二の輝きがあります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP